新着Pick
173Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
『「自分に素直であって、他人に口出ししないこと」。これに尽きますね』。確かにこれに尽きる。お顔がイイ。
今日の異彩の思考シリーズも面白いですね。価値観の多様化が進みマイノリティが認められる社会になりつつありますが、50年も前からマイノリティに興味を持ち、感じたことを蓄積していき、時代と共に、マンガという形でそれを開放するという偉業です!アーティストならではの思考かもしれませんね。
違和感をもつももたないも、パーソナリティに起因してるような気もするけど、かなり、定着してきてる感じがして、うれしい。いろんな人がいて当たり前。
「弟の夫」は2015年度の文化庁メディア芸術祭マンガの部で優秀賞とっていた(ちなみに最優秀賞は東村アキコの「かくかくしかじか」)
10年後の漫画にはLGBTが当たり前に出てくるようになってるのだろうか?
1巻だけ読んだことあります。続き読もうかな。以下共感します:
"アメリカで同性婚の合法化の賛否が盛り上がっていたときに、反対派の急先鋒(せんぽう)の一人が、突然意見を変えたことがあったんです。そのきっかけは、ご自分の子どもが性的マイノリティであると告白したから。"
この方の作品、海外のアート系の書店でたまに見かける。読んでみようかな
追記:と思ったらそれは児雷也という人の作品だったみたい。
この連載について
NewsPicks編集部が、経営者だけでなく、クリエイター、研究者、文化人など、各ジャンルで異彩を放つ人々をピックアップ。彼ら、彼女らの仕事や自身の生き方に対する思いを聞く。