【田亀源五郎】当たり前を疑ってみよう──ゲイアートの巨匠が描くドラマ

2016/2/28
異才の思考第5弾には、ゲイ・エロティック・アートの巨匠として、国内はもちろん、海外でも個展を開くなど、高い評価を受けている田亀源五郎氏が登場。漫画家としても、ゲイ雑誌の黎明期から多数寄稿するなど、ゲイカルチャーの発展に寄与してきたことでも知られている。
そんな田亀氏による、一般誌で初の連載となったのが『弟の夫』(双葉社・月刊アクション)だ。弥一と夏菜、父娘2人暮らしの家に、マイクと名乗る男がカナダから訪れる。マイクは、弥一の亡くなった双子の弟の結婚相手だった。「弟の夫」の訪問に戸惑う弥一と、「男同士で結婚ができるの?」と興味津々の夏菜。同性婚をフックにしながら展開される日常の物語が大きな反響を呼んでいる。
1巻が発売された時点で、「このマンガがすごい!2016 オトコ編」で第11位にランクイン。さらに、2015年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞するなど、早くから話題を呼んでいる同作品。作者の田亀氏に、作品に込めた思いについて聞いた。
50歳を迎えたからこそ挑戦
──初めに、漫画家として活動するようになったきっかけから伺えればと思います。
田亀 私が高校生の頃、漫画の世界に「ニューウェーブ」や「三流エロ劇画ルネッサンス」と呼ばれるブームがあって、既存の漫画の枠組みを超えたり、アーティスティックで実験的だったりする漫画が生まれていました。それを見たとき、「これまでとは全然違う漫画が出てきて面白いな」と思ったんです。後者はセックスのことについても扱っていて、興味を引かれました。