新着Pick
367Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
公募に投入される税金、工数、どのくらいになるのか関心があります。公募専用サイト設置、公募に関する広報、集まったアイデアについての精査、著作権の各種確認等。世代間の「機会の公平」を考えれば、ネットだけの募集とはいかないように思います。設立時期を考慮すると、全ての工程を超短期間で行う必要もありそうで、大変そうです。

かつ、選挙区調整も同時並行となると、いろいろと困難がありそうです。。。

(追記)
公募、素人ながらかなり大変な作業だと思うのです。募集したからには、どのように募集して、どのくらい集まって、年齢などの内訳がどうだったのか、どのようにして1つのアイデアに決まったのかなど全て開示する必要が生じます。
意味のない作業
確かに「民主」の文字を残さない方がはるかにイメージが良くなると思います。
民主党政権下の悪いイメージを払拭できるし、何かと表舞台に登場してくる元首相とも距離感を持つことができますよね(笑)
「野党」でいいじゃん。
名前より中身(2)

名は体を表す(2)

※こっそり追記したつもりが、ごあらさんに見つかってました。さすが、ごあらさん(*^^*)✨
Sagaraさん、出さないんじゃなくて「出せない」んでしょう。反安倍以外、理念がないの、バレちゃってますけど。
国民に丸投げしてどうする?政党名は、何をやりたいのか、その最も基礎になるものだと思う。
名前より中身。
イメージ刷新のためには「民主」や「維新」のない党名のほうがいいのでしょうが、これに反対する方々は、「民主」という名前にこだわりがあるというよりも、参院選の比例区で「民主」と書いてしまう方々の票が入らないことを恐れているのだと思います。
どれだけ「変えましたよー!」といっても、届かない一定層は生まれるわけで、特に自民/民主のように当分同じ党名を持っている政党については、お年寄りはついつい書いてしまう可能性があります。
岡田さんも同意してんの?マックじゃあるまいし、なんでも公募すればいいってもんでもないような気が。。。