新着Pick
615Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際に体験することが、1番ひとを成長させます。

確かに本でも学べますが、それは思考でしかありません。
その学んだこと、思考を行動に移さなければ、体験にはならないのです。

誰かと話していて、口ばっかりだな、頭でっかちだな、そんな風に感じたことがある人もいるのではないでしょうか。
そういうひとは、言葉、思考に行動が伴っていないのです。

自分も前によく先輩から言われていました。
「お前は薄っぺらいなぁ」と。

本からの知識、思考だけだったのです。

多重人格(正式名称は違います)は、マンガ(幽遊白書)や教科書からしか知らず、

実際に出会って、口調が変わったり、
さっきまで話していたことを覚えていないなど、その時に感情が揺れるわけです。

本だけだなく、体験を通して、自分の中を通して、話をすると、薄っぺらいとは言われなくなっていきました。
伝わり方が変わり、理解されやすくなりました。

誰かを好きになり、
告白してうまくいった時の嬉しさ
振られた時の悲しさ

好きになった人に相手がいて諦める不全感

喧嘩をした時の怒り
仲直りした時の安心

男友達だと思っていた人から、男性として好かれたときの戸惑いや申し訳なさ

友達から相談があると言われて待ち合わせに行ったら知らないひとも一緒で、宗教の勧誘にあった時の驚きや悲しさ

人間関係も男女関係も性的マイノリティーも宗教もどれも体験しないと、分からないわけです。

感情を伴った理解が、体験と言ってもいいでしょう。

本ではなく、実体験を通して話してくれることは理解を大きく深めます。

そういった意味でこのサービスはとてもいい試みではないでしょうか。
自分が使いたいくらいです。
日本では、国際貿易が盛んに行われた平戸のある長崎で行われていることで興味深い。本ではない文化資本としての「人」。何気なく過ごしていると同じような分野、考えの人と時間をともにしがちになるので、このような機会を利用して全く違う分野の人と出会えることは良いかもしれません。
アーティスト、ホームレス、シングルマザー、性的マイノリティー、イスラム教徒、ニート、難民、ヌーディズムなど、あらゆる趣味嗜好、個性、背景をもった50人がそれぞれ皆、ボランティアとして無償で自身の経験を語るとのこと。普段関わりのない人と話せるのは面白いかもしれません。
秀逸なコンセプトに感動しました。何で私にはこういう企画力が無いんだろか。。。

韓国でまだやっていなければ、ワイがやろうっと♪

☆でもどうせ周りにこの話しても、夜のキャバクラヒューマンライブラリーの方が100倍楽しいとか言われるのがオチ。歳取ると読書の嗜好が偏りがちですからね。
ましてや毎回熱心に同じ本を借りてパラパラめくっているぽん助もいます。
「外国人」「ホームレス」などひとくくりにするのではなくインクルージョンは個人名で呼び合うようになり始めて理解が深まる、とダイバーシティー研究所の所長さんがおっしゃってましたね。

ヒューマンライブラリー、一人一人にストーリーありってことですね。
「利用者は貸出前、誓約書にサインをするそうです。ひとつは、“本”を大切にあつかうこと。そしてもうひとつは、敬意をもって接すること。貸し出し条件は、たったこれだけ。」
➡素敵なルールだと思います。ライフネット生命の出口治明さんも「本の使い方」という中で仰ってみえました。本に対して敬意を払いうこと。ネクタイをして正座して読むくらいの気持ちで読むことを推奨されてみえます。

その方の貴重なお話を少しでも吸収したいのであれば、謙虚な気持ちで接するのが一番だと思います。

「SNSでいつでも簡単につながり合える世の中に、人と人とが介して語り合う場が生まれている。こうしたアナログなコミュニケーションが、いまの時代とても新鮮に感じませんか?」
➡百聞は一見に如かず。経験は何より尊い。そう思います。

NPでもリアルなオフ会や公式イベントに参加したくなるのはそのためだと思います。心が本お互いに繋がったと実感するのは、リアルでお話させて頂いた時ではないでしょうか。
面白そうー。
一度、日本に住む民族少数派(エスニックマイノリティ)でこれに近いことをしたことがあります。
とりあえずもう一回、幅広い感じでやってみます。
(就活の内定者相談会なんて、もろヒューマンライブラリーじゃんって思いましたw)
百聞は一見に如かず!
実際に人から聞く方がインタラクティブだし、視覚だけじゃない感覚を刺激するので記憶にも定着しやすい。色々な所にできたら良いのに。
これば面白そう。いろんな「本」を借りてみたくなります。
自分を貸し出すのなら、どんなタイトルをつけようかと考えるのも楽しい。
なかなか面白いかもね