新着Pick
662Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブラックジャックが凄いですね〜。
北斗の拳やタッチといった「かつての」名作が相変わらず強いのにも驚きました。
もしかしたら、漫画の愛読者って高齢化しているのでは???
なんとなくこの感覚わかるわ〜。しかしきまぐれオレンジロード懐かしいなあ。。
これはおもしろいデータ。ブラックジャックの凄さをあらためて実感!
これだけ人気がありながら何度も映画化やアニメ化されてもそちらはヒットしないのは、ブラックジャックの世界観が漫画というメディアでしかつたえられないということなのか。
面白さを出す試みは、面白いですね。
けれども、面白い漫画と、人生に影響を与えた漫画は違うのではないでしょうか。

自分は生きるために漫画を読んでいたくらいです。
漫画にものすごく支えられてきました。
誰でも心に残っているシーンやセリフ、ストーリーがきっとあるのではないでしょうか。
何かを決断する時に実は漫画の影響を受けていたりすることがあるのではないでしょうか。

仕事、趣味、家族関係、恋愛、人間関係、スポーツ、自分はありとあらゆる場面で漫画の影響を受けています。

いろんな人がどんな漫画に影響受けて、それを活かしてきたか知るのはものすごくタメになります。
この記事のコメント欄、面白すぎです。
このままマンガ新聞に流したいくらいです。

マンガの面白さがもっと伝わっていけばいいなと。
そして、面白い人たちがどんな風にマンガ読んでるかももっと伝わればいいのにと思わされた、記事とコメント欄でした。
面白いランキングですし、個人的に納得できるところも大いにあります。
ブラックジャックの凄さが際立つ結果。
さすが天才・手塚治虫氏が低迷から復活を遂げた作品だけありますね。
ブラックジャックを初めて読んだのはたしか小学生の頃と記憶していますが、連載している作品でもないのに、子ども心に怖い絵面ながら何か惹きつけられるものがあったのかなと思います。
累計部数、発刊点数で評価されることが多いマンガ本を開示データから「面白さ度」を指標化した、フーモアさんらしい面白い記事ですね。参考になります。ただ実際には、巻数を増やしながら販売部数を維持する「面白さ度」が漫画ビジネス的にはかなり難易度が高いというパラドクスがあります。
小型犬は黙って「グラップラー刃牙」一押し。
比較的古い、というか、大半が自分が思春期の時に読んだマンガばっかり。そう考えると、ワンピースの凄さが改めて浮き彫りになりますね。
北斗の拳とゴルゴ13以外は読んだことある。
分析の仕方が面白いです。
『ぎゅわんぶらあ自己中心派』『スーパーヅガン』とかあったなぁ~
人生なんてツキやで