新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
VRは動けない(動かない)場所で、ある程度滞在時間が長い状況下において、超臨場したい時に使える可能性が高い。
人気 Picker
フィクションも壮大な嘘の世界の方が面白い。同じように、VRもリアルな映像よりも、省略化された映像の中で、壮大な嘘をリアルに感じさせる方が流行ると僕は思っている。
良まとめ。現状、企業側の付加価値競争=利益率確保のために、ユーザにプロダクトアウトで押しつけている形のものが多いが、専用デバイス不用でスマホにビルドインで、ユーザが本当にほしいコンテンツが出てきたときが本当の普及期(逆にそこまではハイプサイクルの過剰期待期だろう)。
飲み会をテレビ越しにやりたいとはまだ思わないですよね。そこまでいけば、あとは応用先は何とでもなると思いますが。
やっぱりまだ次世代ゲームの域
ソニーがうまく流行らせられるかは大きな分かれ目
Microsoftのキネクトのように

距離を越えた友達とのリアルなやり取り、体験の共有が狙いなのだろうけどまだまだ時間はかかりそうだ
高宮さんのコメントに凄く同感する。
======高宮さんコメントよりイコール==
企業側の付加価値競争=利益率確保のために、ユーザにプロダクトアウトで押しつけている形のものが多いが、専用デバイス不用でスマホにビルドインで、ユーザが本当にほしいコンテンツが出てきたときが本当の普及期(逆にそこまではハイプサイクルの過剰期待期だろう)。
=================
テレビ会議のシステム等が微妙なで今も遠隔地のミーティングが困難を極めるが、これがクリアされることが近未来に見える気がする。
Gear VR向けアプリはそれぞれに快適度が表示されています。
「あまり快適ではない」とあるものは本当に酔いがひどい。(Temple Runなど)
快適度合いの表示を義務づけるくらいの事はしていいと思います。
現在のHMDで実現できる、視覚、聴覚は透明人間の世界。Facebookで共有するコンテンツは、透明人間でも十分楽しめそう。
VRの本格普及には、HMDで実現できていない、味覚、臭覚、触覚をどのように実現するかがポイントな気がします。
南無阿弥陀もバーチャルリアリティなんだから,テクノロジーで越境する個別の幸福感の問題なんだろうね
紹介されているToyboxのデモ動画、とても興味深い!
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績