新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
機械学習は今のコンピュータ環境になったからこそ可能性のある分野です。クリエイティブ職の雑務を助けるとか、そういう側面でも価値があるでしょう。
人気 Picker
機械学習を日常業務に適応してみると、非常に単純なことが凄まじく便利になる。基本的に我々は現時点で人工知能を組み込むエリアを次のように定義している。「人がうんざりする気分でやってる繰り返し業務、すなわち過去にも同じ操作をした経験のあること、もしくは誰かがやった経験があること」をうんざりさせないでAIがサポートする」
なのでデータ入力やスプレッドシートの操作の自動化が非常に多くなっている。人間では思いつかないような画期的な発見はタレントマネジメントやBIの一部では使っているが、業務に使うには相当深く分析が必要なのであくまでも参考程度にしている。この領域は研究者の方に当面はおまかせです。
AIの使いかたはこれから多岐にわたるだろうけど、今必要なのは寒暖サンタさんがおっしゃるような領域、すなわち「こんな面倒なこと何度もさせるな!」って領域を人間にさせないようにすることだと思っています。
エクセルは当然として将来はワードもどんどん自動化してしまいましょう。100万件を超えるドキュメントの分類も一瞬で終わることが理想。私たちはそれが可能になった際にも仕事ができる新たなスキルを準備することが大切です。AI囲碁棋士の例を出すまでもなく、相手は24時間365日休まず働きますから正面からぶつかれば人間に勝ち目はありません。
なんでそんなに多額な資金がいるのかな?Microsoftにとって、機械学習が「未開拓分野」って口にする事自体「??!!!??!」って感じです。
>>
「多額の資金を投入して、機械学習を未開拓分野から脱却させようとしている」
機械学習技術の商品化ですか、確かに現段階では定量的にメリットを説明するのに難儀するかもしれませんね。エクセルのマクロを組むくらいの感覚でユーザーがカスタマイズできて、それがユーザーの仕事を劇的にラクにできることを体験できれば、導入のイメージが湧きやすいでしょうね。
エクセルにマクロマシンラーニングが入ればそれだけで大丈夫だよ.
各社、いかにデータを集めてくるか、そのためにどれくらい投資できるか、がポイントになりそう、と感じました。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績