新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プライベートジェットの所有はお金持ちの象徴であると同時に壮大な無駄でもあります。
維持費や乗客のいない飛行など・・・無駄遣いが平気でできるところが真のお金持ちなのでしょうが、環境に優しくありません。
日本では高くて気軽に利用できるレベルじゃないですね。
一番の肝はこれによって運用目的でプライベートジェットの購入が進み、結果としてさらにコストが下がるということ。AirBnBでもそういうことが起きつつある。
自動車ですら95%の時間は停車しているのだから、プライベートジェットならなおさらでしょう。富裕層が所有する飛行機やクルーザー、別荘のシェアサービスに色々と商機ありそう。
あまりこれとの差分がわからないところです。
https://www.lunajets.com
画期的ですね。
しかし、飛行機での移動がさらに便利になると、環境への影響も増えてしまいますからね。
プライベートジェットなどは、カーボンオフセットを義務付けられないでしょうか。安く利用できるのですから、そのぐらいしても良さそうなものです。
ニッチな人にニッチなサービス(モノ)をシェアリングするというアイデアは増えるでしょうね。「お金に糸目をつけない」「時間の融通をつける」「こだわりを評価する」良い取引相手とつながれそう
アメリカではすでにレンタルプライベートジェットのサービスは浸透している。乗り合いまでサポートするのかな?
わざわざ携帯で予約する理由は自分が予約とか手配する時の手軽さ。
高級品は当事者ではなく他人が予約等の手配をしてくれるため、優位性を感じられない。唯一の希望は、このようにニュース化されることで話題になることで飛びつく層が増え、規模の経済により価格が下がり、利用範囲可能者が増えることくらいだと思う。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.79 兆円

業績