新着Pick
657Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Fプラン、Bプランなどをベースに、比較可能性を持たせることで、中古物件の価値を維持する仕掛けにしているとのこと。この制度は、日本の新築住宅を儲けにしている企業には、受け入れられないかもしれないが、社会全体では大事な動き。
人気 Picker
住宅は資産にはならないよ。ぶっちゃけ。価値あるのは土地だけ。
アメリカでも中古住宅の価値は高く、メインテナンスによっては新築よりも値段が高くなることがあるそうです。
昨今の日本の住宅でも20年以上はゆうに持ちますし、某建築士に聞いたところきちんと住んでいれば100年くらいは持つとのこと。

もしかしたら、発想や考え方だけの違いかもしれません。
住宅に関しては、持家派、賃貸派で必ず議論になりますが、日本の住宅は、資産価値としての劣化が激しい。この点は同意だと思います。投資マンション以外、不動産に投資する人も少ないと思う。地震という問題はあるものの、長く評価される住宅が今後は生まれてきてもいいと思う。
終の棲家とする予定だったから(売るつもりはなかったから今の実際の資産価値を気にしなかった)。
かつてのサラリーマンの人生計画としては、
結婚→数年後自宅購入(30~35年ローン)→退職金でローン一括返済→退職後は家賃の心配をせずに年金で消費財部分を賄う
だったと思います。

加えて、欧米と違って木造×高温多湿な気候は耐久年数が短かった、中古住宅市場がほぼ整備されていなかった、などの要因も。
ただ介護や独居問題が出てきており、中古住宅市場も徐々に拡大、状況は変わってきている。
日本の場合、住宅について「家は資産。金融商品と一緒。住み心地という質の追求と同時に、将来の価値を考えて投資するのは当たり前のことでしょ」という欧米では当たり前の感覚が少なくともまだないですね。これは高度経済成長〜バブル期の終身雇用、年功序列とも大いに関係しているもので、その当時であれば資産価値を考えずとも一家を構えるのに住宅を購入しなければならないという考え方で通用していました。当時は人口も増加していましたし、地価も上昇していましたから僥倖のようなものでした。ただ、ここにきて少子高齢化で人口は減少していますし、地価もバブルが弾けて急落して以降直近少し持ち直していますが、当時のように戻ることは考えづらいので、住宅の資産価値というものを購入か賃貸かを考える前にしっかり調べることが大事でしょう。短絡的に住宅ローン金利が低いからといった理由で購入に踏み切るのはおすすめできませんね。
家と土地で分けて議論が必要だと思う。特に金融商品として考えたときに、土地価格の影響が大きい。あとは地震があることと、そこへの技術進化もあいまって、家自体の基準と価値が変化するのはあろう。時代背景としても核家族化が進んだり、共働きが増えたあとで、現在は介護や子供の世話をどうするかといった課題が、時代とともに変化。「最適な家の形」が常々変わっている。
それらを踏まえたうえで、もっと長期でビジョンをもって対策をしていくべきというのは、その通りだと思う。
英国では100年超のビンテージ住宅が新築以上の高値で取引されていたりしますからね。
最近シンガポール人の友人が京町家を買うなど外国人が投資をするケースが増えていますが、日本人以上に海外の人がビンテージに価値を見出す一例かもしれません。
まだ購入してないなら5~10年後に値下がってから高気密高断熱の中古物件を現金一括か10年固定で購入。住宅ローンを変動で組んでいるならローン金利はここ数年がおそらく大底なのでフラット35への借り替えを推奨。借り替え手数料を節約したければ融資額の0.5%前後と今のところ最安なのは優良住宅ローン(株)か。

ただ家族の笑顔を優先するなら経済合理性は二の次となります。マイホームは夢を買うという面がありますからね。
国別、個人でも価値観は様々なので、一律にこう言い切ってしまうには違和感がありますが、「木造住宅の場合、20年で建物の価値がゼロになる」という慣例は、僕もどうかと思います。
木造住宅(原価償却資産)の耐用年数が20~22年に設定されていることは、まあ理解できるとして、実際に売買される価値はもっと柔軟に考えて欲しい。
対策として、不動産鑑定士に鑑定を依頼して、耐用年数が過ぎてもデザインやメンテ状況等で価値があるか算定してもらう方法もあります。
ただし、価値を認めてくれるかは確実ではありません。

「家は資産。金融商品と一緒。住み心地という質の追求と同時に、将来の価値を考えて投資するのは当たり前のことでしょ」という意見、日本ではどうでしょう。
こういう考えの方は、今の日本では住宅を購入しない、購入してもアクセス等条件がいいマンションになるのでは?
金利が低いといっても条件がいい土地、更に工事費は高い水準にあるので、よく検討された方がいいと思います。

日本では少子高齢化が進み、空き家が増えるとの意見もありますが、場所によると考えています。
都心のそれもアクセスの良い場所では更に集中が進み価値が下がりにくい。
ただ、地方や郊外、都心でもアクセスの悪い場所から、空室が目立ってくると考えています。