新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは良記事、MIRA社が決まった日がお父さんの命日。
オーナーの創業者を超える例は少ないが厚さんは、そうだろう。

買収の日は、まさに創業者で父でもある雅夫氏が亡くなった日であり、社長も、社員も、万感迫るものがあったであろう。社長の発言でもあったように、M&Aでは過去最大の155億円、同時に琵琶湖拠点の100億円の投資もあり、20-30年に一度の勝負でもある。

MIRA社は、英国のクルマの開発コンサル、エンジニアリング会社であるが、テストコース等の車体の開発支援インフラを持つ。英国のバーミンガムにあり、英国クルマ産業の中心で、F1チームも近所にある。型式認証もできる。車体開発なら何でも揃い、自動走行なども各社が集まって研究している。
特に、クルマの開発は、エレクトロニクス化が進む中で、トヨタ的ケイレツ的IDM的な擦り合わせ的な開発から、モジュール的な水平分業的な開発に、開発のビジネスモデルが変化現在は、自動運転などクルマの開発ではシリコンバレーが有名だが、このバーミンガムも有力。現在は売上の8割が英国だが、各地に広がろう。クルマ向けの、排ガス、エンジン、駆動系、車両など開発とのシナジー大きい

電産は、「おもしろおかしく」とは一見、真逆のカルチャーに見える。しかし、その共通点は、「やったるぜ!」、「もつけ」の精神、人生を意義あるものにしよう躍動感とサービス精神であり、それは欧米にも通じる。

10年以上経過しているMAのケースでは、メディカルや、ジョバイボンなどは成功事例だろう。オーナー系は成功例が多いというが、文化面でも難しそうな、仏、独、米、さらに今回は、英であり、傑出している。海外の事例では、96年の仏ABX(血球計数)、97年の仏インスツルメンツ、現在はジョバイボン(分光測定)、99年の米バイオケムイミュノ(血球計数)、2002年の蘭フィリップス(偏光分析)、2003年の英IBH(蛍光寿命)、米のフガシティ(流体制御)、2005年のカール・シェンク(自動車試験)、2013年の米キャメロン(シェールガス計測)、そして2015年のMIRAと多い。
この多くは、当時はHORIBAが手掛けていなかった事業であり、M&Aによって、ジワジワ広げてきた。新分野ゆえ、社内とのコンフリクトもなく、相手に任せ、社風的に求心力に努めたという。
社是の「おもしろおかしく」、「イヤならやめろ!」「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない」など創業者の故堀場雅夫さんの遺志を現社長は立派に継いでおられます。天国でお喜びだと思います。
「うちは手を挙げたらチャンスを与えるという家でした。なぜなら誰かに押し付けられてやったことは、良い結果がでないときに自分の意志ではなかったとエクスキューズができるから。でも自分の意志であれば、挫折したくないから努力もする。それでうまくいかなくても失敗を糧にできるし、うまくいけば自信につながります」

この創業者の堀場雅夫氏の選択権、決断は本人に任せる教育が厚氏の根底にあることを窺わせるお話です。親子ともに強い経営者だなと感服させられます。
あとは雅夫氏の引き際と退いた後の姿勢は創業者のお手本のようなもので見事としか言いようがないですね。
これは本当にその通りだと思う。特に会社の規模が大きくなればなるほど、寸分の狂いが末端に大きな影響を与える。うちみたいにまだまだ小さな会社であれば失敗もリカバリーが効く。

「経営とは、51対49で正しい方向を選べるか、です。7対3であれば、経営者でなくても判断できる。51対49というほぼ誤差の範囲、究極の選択において進むべき方向性を決断する。それが経営の神髄なのではないかと私は思いますね」
M&Aは、ニュースとしては成立するまでがクローズアップされがちだが、事業としては成立してからが重要。売り手の事業をさらに伸ばし、それだけでなく売り手と買い手のシナジーによって単独では成し遂げられなかったような成長を実現する。それこそが、M&Aの真髄。

しかし、PMI(Post Merger Integration)と一言で言うのは簡単だが、制度や仕組みなどの会社のハード面の違いに加えて、文化・風土などのソフト面の違いを全てひっくるめて一体化できないと、実現できない。

敵対的なM&Aであったり、売り手の経営陣のキャピタルゲインの利益確定目的であったりすると、まず失敗する。その点、堀場製作所のM&Aの際に「相手からプロポーズされる」ブランドや魅力的なカルチャー作りは素晴らしい。
MIRA社の買収時の記事は①、MIRAに限らず、理想的な買収の仕方をしている。また「おもしろおかしく」の社是や、分析の基礎技術をコアに、応用領域は幅広く持って、業績もコンスタントに成長している。
②・③が雅夫氏がなくなられた際のPick。個人的に、堀場はその社是と結果の出方のバランスが秀逸で、大好きな企業。これからもどんどん成長して欲しいし、その良さが改めて分かる記事。
https://newspicks.com/news/1061094?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1066121?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1064553?ref=user_100438
良記事!

世界には、事実まだまだ素晴らしい同族経営会社多い。短期の株主利益至上主義とは、一線を画す長期的視野にもとずいた経営は、今も昔も多くの利点があるのだろう。
買収効果が出るには10年等の長期視点が必要、四半期業績に流されない、、
まさにその通りだと思う。

プレミアムを支払って、その分まですぐ効果が出るわけで無い、私も買収直後の会社に出向する身として心がけたい
非常にいい社是ですね。
同族かどうかさておき、オーナーが安定している+オーナーと経営者がしっかり信頼し合えているのは経営において非常に大きな強みですね。
「経営とは、51対49で正しい方向を選べるか」。経営者が覚悟を決めて決めるとは、こういうことか・・・
堀場製作所の経営ストーリーはドラマ化してもらいたいです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.2 兆円

業績

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績

株式会社堀場製作所(ほりばせいさくしょ 英名:HORIBA, Ltd.)は、京都府京都市南区に本社を置く独立系の分析・計測機器大手。設立以来、分析・計測機器の総合メーカーとして、多彩な製品を世界各国に送りだしてきた。その分野は、自動車や半導体産業をはじめ新素材、エネルギー、鉄鋼、食品、バイオ、化学等々多岐にわたる。 ウィキペディア
時価総額
3,194 億円

業績

新着記事一覧
自転車で歩道走行、成人動画視聴… 逮捕か否かの線引きは - NEWSポストセブン
BLOGOS - 最新記事
2Picks

転職で年収1000万円超える人に求められる5つの共通の要素
新R25
12Picks

氷河期世代募集で年齢制限容認へ 民間就職サイトの仲介可能に
共同通信
3Picks

「ピサ・ショック」再びか OECD生徒の学習到達度調査2018 読解力が低下 - 赤池 まさあき
BLOGOS - 最新記事
2Picks

溜め込んでない?いますぐ捨てるべき不用品15アイテム【片付けチェックリスト】
ライフハッカー[日本版]
6Picks

地球上の生物が38億年も生き延びた本質的理由 - 生命を司るメカニズムの「多様性」
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
4Picks

同期の出世に理性を失った"アホ"につける薬 - アホを相手にするのは「時間のムダ」
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

働く女性向け"不妊外来"を見抜く4つの基準 - 仕事との両立はクリニック選びが鍵
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

増加するフリーランスが「貧困老人」になる日 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

増加するフリーランスが「貧困老人」になる日 - このままでは将来に禍根を残す
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
7Picks