新着Pick
511Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicks連載の2回目です
Pickerの皆さんのおかげで、めちゃめちゃ有意義なフィードバックをいただき、プレッシャーというよりは楽しく書かせていただきました
ありがとうございます

早速、すんごい濃厚なフィードバック一杯頂いて嬉しい限りです

補足ですが、240億はお客様の増えた売上高や
マーケティング費用の換算した経済効果の積み上げでして、当社の売上高(非公開)はその中のごく一部です
240億が当社の売上高と誤解されている方がいらっしゃいそうなので^^;

どちらにせよ、お客様からみた費用対効果はかなり良い状況がマクロで続いています


池田さん
許可より謝罪は、「許可を求めるな。謝罪せよ」というフレーズでエンジニアが許可を求めるよりも実際にやってみてダメだったら謝罪した方が早いし、良いよねという言葉です
http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/touch/20110205/p1

当社のエンジニアの行動指針にも入っています
名前を出して頂いて恐縮です
kaizenさんのビジネスはABテストでのUI向上と一言で言ってしまえばそうですが、サイトも広告もつくって終わりから細かな運用が求められるようになったという時代背景と、これまでは勘で成立していたものにデジタル化によって定量的なエビデンスをもって検証できるようになったという二つの進化を捉えているところが美しいな、と感じます
後半のエントロピーの話(高校の時は「無秩序さ」と習った記憶がありますが)ご情報に当てはめられるかは良くわからないところですが、国とか権威とか物理的な距離とかの制約がなくなることで、無秩序に拡散していく性質があるのはそうなんでしょうね
言われてみれば当たり前のことを改めて気づかされたように思います。
たしかに”UI=店頭”なのに改善が怠りがちになるというのはその通りですね。
個人的にはコンテンツ制作に躍起になってなかなか手が回っていないところなので痛いところを突かれてしまったなという感があります。
エントロピー増大の法則をネットビジネスと結びつけるのは面白い考え方です。
組織から個の時代と言われて久しいですが、これの説明としては説得力がありますね。
個を主体とした有機的な少人数のチームが強さを発揮しているなと最近よく感じます。
組織人事も「クローズよりもオープン」が一つのベクトルになってくると思います。

企業にとっての採用、個人にとっての転職も、かつてはクローズなシステムの中から一度抜けて(退職や転職エージェントへの登録・相談)、また新たに別のクローズドなシステムにエントリーする(転職先への応募)が一般的でした。

しかし、人材の流動化に加え、SNSやブログの発達などにより、システムはどんどんオープン化しています。SNSで知った他社のプロジェクトに業務外の時間に参加し、それがきっかけで転職する、といったことが普通になってくるでしょう。

プロジェクトリーダーはこれまで以上にプロジェクトを組成する際には、社内だけでなく社外からのメンバーの調達を意識する必要がありますし、同時に社内のプロジェクトメンバーも常に流出のリスクに晒されていることになります。

プロジェクトリーダーにとって、社内外のメンバー両方を「アトラクト」できなければならない時代になってくると思います。

ちなみにこのようなシステムが外に開かれ、メンバーが複数のシステムに所属する際のリーダーのあるべき姿をチェスター・バーナードは80年ほど前に著書「経営者の役割」で述べており、今の時代でも大変参考になる内容です。

-------------------------------------------

今後、企業は何をオープンにして、どこをクローズにするか? の境界の引き方が競争環境を変え、生死を分けることになってくると思います。オープン化の戦略は大きな武器にもなるし、使い方を間違えば競争力を弱めることにもなってきます。
記事で触れられている「大手でもインターネット人財が採用できない」という課題に対して、極めて強いポジションにいると感じている。新しく成長している領域に特化して、そこに最適化した組織構造・ビジネスモデル作ることで、情報・知見が集まるようになる。そうすれば大手を超えることが出来る。
エントロピーとエンパワーメントのくだりが面白いですね。物事をアナロジーで捉えてみたり、一歩引いて俯瞰的にみたり、バックキャスティングで考えてみたり…。成功するスタートアップ経営者の思考法に触れることができ、いい刺激を頂けました!
エントロピー増大の話はリフキンも提唱してますね。IoTの時代。まさに須藤さんの書いているようなパラダイムシフトがそこら中でおこりまくることでしょう。
個人がよりエンパワーされていく「個人エンパワーメント時代」において、これまで通りのマネジメントを惰性で続けていたら「経営が死ぬ」ということ。

・機能別組織よりもプロジェクトチーム
・会社名よりも事業内容やそこで働く人の魅力
・マネジメントよりもファシリテート
・クローズよりもオープン
・外発的動機よりも内発的動機
・フリーアドレスよりもリモート
・単独収入よりも複数の収入
・許可よりも謝罪
・所有よりもシェア
・クローズなR&Dよりもコクリエーション
・管理よりも信頼
と。
「個人がエンパワーメントされた時代の新しい当たり前をどうつくるか」これは僕にとっても今最大のテーマの一つになっています。
「オープン化の戦略は大きな武器にもなるし、使い方を間違えば競争力を弱める」と、なんでもかんでもオープンにすればOK、とは言っていないこともポイントですね。
インターネットによる情報環境の変化と、エントロピー増大の法則が同じという考え方が面白いです!情報が無秩序に広がりやすい環境になっているため、人も組織も連動して流動的になっている。どう乱雑になる情報や人をコントロールするかが事業運営のポイント。

仕事で様々な組織に関わっていると、個人エンパワーメントに価値観と行動をシフトできている組織とできていない組織は二極化している印象があります。
インターネット業界の大手企業でもネット人材の獲得が難しい→実際に毎日ご依頼をうけておりますので、まさに人財不足でございますね。

許可より謝罪が興味深いです。
・・・
・機能別組織よりもプロジェクトチーム
・会社名よりも事業内容やそこで働く人の魅力
・マネジメントよりもファシリテート
・クローズよりもオープン
・外発的動機よりも内発的動機
・フリーアドレスよりもリモート
・単独収入よりも複数の収入
・許可よりも謝罪
・所有よりもシェア
・クローズなR&Dよりもコクリエーション
・管理よりも信頼