新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
70代の議員や、80代の選挙権などは昔ほとんどなかったわけです。それが自然に数が増えて、普通のことのように捉えられているけど、おかしい気がするのです。
人気 Picker
「同性愛は異常」などと公言してしまう70代の議員もいるのだから、20歳前後の議員もいたほうがバランスが図られそう。「そんな若造には無理に決まってる」と思う人は投票しなければいいだけの話。
皆さまありがとうございます!Open Politics共同代表です。正しい、当たり前だと思ってることを、超党派でただひたむきにやってます。次世代の声を反映させなければならない国政の場に、次世代が出てこれないようになってる仕組みを変えなければならない。18歳選挙権では実現することは難しく、第一歩として被選挙権の取得年齢を引き下げる必要があると考えています。プロ野球の高卒新人が活躍してると、同世代は応援したくなる。同じようなことかと。
詳しくはかっこいいHPも見てみて下さい!http://open-politics.org/
そして、オンライン活動の一つとして著名活動も行ってますので何卒よろしくお願いします!
『本当のオールジャパン政治を実現するために、今、「被」選挙権の取得年齢を引き下げよう』
https://goo.gl/5t7SqX
無事、記者会見を終えることができました。
いよいよキックオフです。

世代間格差が叫ばれて久しいですが、これを解決するためには、①若者世代の投票人口を増加させること、②同世代の代弁者を増加させることの2つの方法があると思います。
この夏始まる18歳選挙権は、前者のアプローチ。
しかし、これだけでは変わりません。
新しい有権者240万人が投票するのは年齢が一回り以上上のおじちゃん、おばちゃんばかりなのですから(参議院議員の被選挙権取得年齢は30歳)。

だからこそ、僕たちは②のアプローチも実現したいんです。いきなり若者が政治に関心を持ち、投票人口が急激に増えることはありえません。
しかし、同世代の政治家が議員や首長になることで、直接的に構造的な世代間格差を是正することができると思います。

乙武さんもおっしゃってくれているように、世代間格差は社会保障などの経済的な格差以上に、倫理的・道徳的価値観の違いという側面もあります(選択的夫婦別姓や同性婚への意見など)。
こればっかりは、理屈ではどうにもならない問題です。
なんとか若い子たちの意見が政治の場でも出るようにしたいんです。

昨日はお忙しいなか、堀義人さん、佐藤大吾さん、平将明議員、細野豪志議員、小林史明議員、山尾志桜里議員、中野洋昌議員、塩川鉄也議員、落合貴之議員、福島みずほ議員、重徳和彦議員、そして松田公太議員に超党派でご出席いただきました。
本当にありがとうございました。

こちらがキャンペーンサイトです!
http://open-politics.org
披選挙権は選挙権同様、極めて重要な権利です。
合理的理由がなければ制限すべきではありません。
そういう意味では、問題なく社会参加ができる年齢であれば禁止する方がおかしいと考えます。
否定はしないし、決して悪いことではないが、高校を卒業したばかりの18歳の候補者に投票する有権者は少ないだろうね。
【追記】
徐さんや牧浦さんみたいな行動力と知性を備えた若者には、ぜひ立候補して頂きたいものです。
最近、自民党若手議員による問題行動が取り沙汰されています。問題は「若いこと」ではなくて、むしろ「政治家を志す若者がすくないこと」にあります。信頼できる若者は数多くいます。被選挙年齢が下がることで、誰に投票したらよいか迷うぐらい、魅力的な若い政治家が増えることを期待します。
G1カレッジから始まったイニシアティブ。本日ついに記者会見へ。自民党からは、プロピッカーの平さんと小林さんの二人が参加。民主党からは、細野さん。他には松田公太さんと福島瑞穂さんなどがいました。全党が揃いました。
今回自民党青年局から政策提言を予定しており、そこには被選挙権年齢引下げ含め3点いれています。
1.被選挙権年齢の引下げ
2.供託金(300万)の引下げ
3.ネット投票の実現含め投票環境の整備

政界に必要なのは多様性。幅広い世代からの参加は歓迎すべきことです。
私は応援団。OPEN POLITICSの皆さんに期待!若い感性、行動力、先見性で政治の場に多様性が生まれる。
良い取り組みだと思う。ただし選挙権と被選挙権は意味合いが大きく異なる。もしこれが実現した時のためにひとつ忠告しておきたい。

政治の世界は若者に、とても厳しい。

「科学的根拠がない」といった発言
「米大統領は奴隷だった」といった発言
「首相の睡眠障害を勝ち取ろう」と言った発言

これらひとつでも、若手議員の発言であればどうだろう。必ず「これだから若手は…」と揶揄され、個人ではなく若手全体にレッテルが貼られる。事実、宮崎議員の件や閣僚発言で、自民党は「若手議員」に注意喚起をしている。

だからこそ若手は、
誰よりも清貧でなくてはならない。
誰よりもモラルを持っていなくてはならない。
誰よりも常識的でなくてはならない。

そうした不条理を理解し、覚悟を持って臨んでほしい。持ち上げられるのは選挙の時だけだ。政治の世界は若手に厳しい。それを越えよう。超えなくちゃ変わらない。