新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
<そして>
これは、新生シャープへのはなむけでもあり、古き良き?シャープへのレイクエムです>kaikeiさん。kikiさん指摘の論文?は私も読みました。
でも、80年代後半の鷲塚さんの偉大さは、TFT産業離陸の日立や東芝も含めた盛り上がり、など、今の鴻海以上。そういう当時の実感は、中根アナなど一流のアナやKIKIさんも知らないだろう。それを伝えたい。

<追記>
私は、No Side なので、ただ、日本の電機、シャープにも、JDIにも、この方がいいだろうという「勝手な」視点です。
同時に、シャープ、鴻海、その他、に対するメッセージでもあります。
実際にそうなれば、また、いろいろ書くことはありますが、まあ現段階では、この程度です。前の寄稿を補うものです。前作も、もともとの字数制限をこえました。これも書いていたら、大幅に超えたので。

私は、シャープを最初にアナリストとして訪問したのは87年くらいですが、今は亡き鷲塚さん。ヒジキ川さん、石井さん、など多くの方にお世話なりました。液晶の工場は、奈良、天理、三重、亀山、堺。その他、見ました。そういう中で、いずれの結果になるにせよ、今後、変わっていかざるを得ません。その前に、30年を振り返り、記録していきたいという気持ちもあります。
悪い面は多かったですが、良い面もあり、それをシャープの鷲塚さん達を知らない若い関係者も含めて知って次に向け自信を持ってほしいのです。



<元>
皆様、先日の寄稿の続編です。
今日、テリゴー氏が来日、明日以降、いろいろ動きがあり、どうなるかはわかりませんが、鴻海の課題や狙い、シャープへの期待、などについて、経営重心の視点からも、JDIなどと比較しながら、分析しております。参考になれば幸いです。
前回記事にも登場した若林氏の独自の分析手法である「経営重心分析」。
その理論は画期的で、分かりやすく、使い勝手が良い。
この理論自体の定義とか説明が記事にはないような気がするのですが(皆さんは知ってました?)、シャープの件が落ち着いてからで良いので、「経営重心理論とは何か?」という特集記事を希望します。

このNewsPicksのコメント欄しかり、世の中からオワコンと揶揄されるようになってしまった「アナリスト(主にセルサイドと呼ばれる証券会社所属)」の矜持を見せてくれる偉大な先輩。一緒に働いてみたかった(めっちゃ怖そうだけど)。
表で整理がされていて分かりやすい!あとは個人的にはシャープが成長してきた歴史を振り返ることができて『ブラウン管をもたないことが~』の段落は液晶の栄枯盛衰を思い出した。
強みはアイディアという点。そこが早期退職などを進めたことと、ここ数年の社内の疲弊感がその気風自体を奪っていないかは、とても気になる。今は作っていないが、昔PCを作っていて、MURAMASAもカッコよかった…
シャープの強みはアイディア力である点。シャープペンシル、ベルトのバックル、鉱石ラジオ、テレビ、電子レンジ、CMOS電卓等、国産初の製品が多いだけでなく、成長に伴って事業構成を大胆に変化させて来たのもシャープの特徴。創業100年超えるけど、固定化して来たのはこの30年位、液晶に集中するのもシャープの歴史から言えば最近と言える。自らの社史から大胆な変化を学んでみたらどうかというのが、最近の騒動を見る度に感じる事ではある。

下記の点、液晶ビューカムが典型。あれは先行したパナを悔しがらせる程市場を席巻した製品だったが、二の矢三の矢が続かなかった。
「シャープの弱点は新製品が出て市場の離陸期には強いが、そのうち、パナソニックなどが本格参入しシェアを低下させる。」
今の局面ではAppleのLTPO対応からLCDが重要視されているが、シャープが持つセット(電子機器)の商品企画や基本設計の能力が本来はもっと重要。
ここに携わる社員にとって、Foxconnは非常に良い相手。シャープという国際的には首を傾げる価値しかないブランドのためだけに自らの力を使い培うのか、それとも名うて国際ブランドと共創していくのか。
質の高い良記事。図表もわかりやすいです。
ホンハイの課題とシャープの強みからいかにシナジーが生まれる可能性があるかについて説得力があります。
それにしても鴻海案でシャープの取締役会の承認を得られた場合、”統合されても鴻海カラーに100%染めるのではなく、シャープの独自性を維持尊重することがカギであり、それを考慮した出資比率や役員派遣が大事であろう”とのことですが、シナジーを最大限発揮するためにその通りと思いつつも、かなりハードルが高いように感じますね。
比較表がわかりやすいです!

アイディアだけがシャープなわけですね。

あとはシャープのTwitterの中の人も評価してあげて欲しいです笑
とても勉強になる記事。鴻海・シャープ・JDI・東芝(家電)を比較した表が秀逸です。
記事の内容には関係ないが、本日、シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」を触ったら、あまりに愛らしさに「頑張ってシャープを救ってね!」と思ってしまった。
若林さんの記事とコメントがすごく勉強になる。チワワさんのコメントにもある「経営重点分析」で比較してもらうと、どこが鴻海・シャープの強みなのか理解が進む。

業績

業績

シャープ株式会社(英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
6,501 億円

業績