新着Pick

グーグル親会社はAIGの買収を-シティが「大胆な」アイデアを提言

Bloomberg
グーグルの親会社、米アルファベットは米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を買収して金融サービスに進出し、AIGをイノベーションのための研究所に転換するべきだー。米シティグループのアナリストが15日付のリポートで、「大胆な」アイデアであることを認めた上で、こう指摘した。
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今や時価総額でみて、アルファベットはAIGの7倍以上大きいので実行可能ではありますが、グーグルなら新規事業進出において既存のプラットフォームを必要としなさそう。
レポートの中身を読んでいないのでなんとも言えませんが、AIGは新規金融事業のプラットフォームにするにしては大きすぎます。
人的資源、ビジネスモデルを含めてのレガシーをアルファベット色に染める前に、母屋の足を引っ張るリスクもあると思います。
正直あまりピンとくるアイデアではないですね・・・。
グーグルのようにある種自由を謳歌しているような会社がわざわざ規制で固められている保険事業に直接参入する必要があるのかどうか。
技術提供等に止めるのが無難な線ではないでしょうか。
あまりにも社風が違い過ぎる気がします
こんな一意見が記事にされるなんて、このアナリストはよっぽど影響力ある人なんですかね?
自動運転からの保険…それよりは自動車ローン事業に乗り出す方が良い気がします。
保険まで始めちゃうのか
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
160 兆円

業績

業績

シティグループ(Citigroup Inc.)は、マンハッタンに本社を置く、金融関連事業の持株会社である。ユーロ債市場の第一人者。四大銀行やバルジ・ブラケットの一つ。ニューヨーク証券取引所上場企業(ニューヨーク証券取引所: C)。 ウィキペディア
時価総額
16.1 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア