新着Pick
412Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
TwitterとFacebookは一見全く異なるサービスだが、本当の顧客である広告主から見たら同じカテゴリ。それにもかかわらず、Twitterは匿名制、時系列タイムライン(最近まで)というハンデを抱えており、個人の趣味嗜好に応じてターゲット広告を打ちにくい。

特に時系列タイムラインは、投稿の質を下げる(良い投稿が流れていってしまう)、投稿の幅を狭める(確認可能なフォロー数に限界がある)という課題があった。

一方、根強いコアなファンもいるため、彼らの反発を押し切ってタイムラインを変更するのは容易ではなく、それは創業者でありカリスマであるジャックドーシーだからこそ可能だったと言える。
正直、ツイッターの復活に最も即効性のある選択肢はGoogleによる買収な気がします。
上場後、ツイッター単独で収支を最大化しようと焦ったから、せっかく初期に構築されたツイッターならではのオープンなエコシステムを裏切って、API有料化したりツイート数表示やめたりしてツイッターらしさを失う結果になってるわけで。
YouTube同様、Googleをパトロンにしてツイッターらしさを磨いた方が、facebookとは全く違うユニークな存在になれるはず。

ちなみにスティーブジョブズがアップルを劇的な復活に導けたのはiPodとかiPhoneとかイノベーティブな新カテゴリの製品を出せたからなので、ツイッターというサービス自体を復活するのは全く違う手腕が必要な気がします。
とはいえ、現時点ではツイッターユーザーの1人として失速したウェブサービスの復活という奇跡を見せてもらえることを楽しみにしてるのも事実ですが。アメリカがダメでもLINEとかと連携して、アジアのインフラサービスを目指す道はまだあるはず。
ユーザーが3億人もいるサービスはそうない。Facebookとの決定的な差はキャッシュを稼ぐ力。
Facebookが実名でtwitterが匿名だからというのはたしかにそうかもしれないがイチ要素。ライブ感の共有はtwitterにしかない。
今回の決算は幻想が終わっただけでまだまだこれからに期待。ライブ動画ではtwitterにまだ一日の長がある。
高校生とかにきくと、Twitterの使いっぷりに驚くし、その状態が長い感じがするから、まだまだいけそう
Twitterは結構な難局だと思う。Jack Dorseyが戻ってきたからといってJobsのようにビジネス構造を一発逆転は難しい(リーダーシップ、組織的にテコ入れし、凋落のスピードは遅らせることは可能かもしれないが)。

Twitterはその名示す通りワンプロダクトの会社で、継続的にプロダクトをたたき出し、群で勝負する会社ではない。ネット系のコミュニティ、コミュニケーションサービスの場合、ユーザの熱量が失われ始めると凋落は早い。さらに、fbに比べるとプロダクトの構造上ソーシャルグラフ(友達同士の繋がり)が緩やかで、ネットワーク効果が効きにくくここからのユーザ数的な再成長は大きくは期待できない。また、広告価値としても、広告主としては宝の山のはずのプロフィールなどのオーディエンスデータも限られている。

Jack Dorseyというカリスマ創業者で一発逆転できるフェーズは過ぎてしまっていると思う。
もっと使いやすくなるといいのにな。
スマホ利用者向けの昨年の米国での広告市場の40%弱がGoogle、20%弱がFacebook、Twitterは4%弱。新しいツイートコレクション機能『モーメンツ』も今のところ広告収入アップには貢献してない模様。ドーシーは今後、広告収入以外の収益源を見つけることが最優先かと。個人的にやはり可能性があると思ってるのは昨日のPayPay Commerce同様のコンテキスチュアルコマース(購入ボタン。ユーザーに対してネット上で即座に購入を促すツール)。これについては米国で昨年末から、TwitterのTL上の企業プロモツイートと商品リストのツイート内で購入ボタンを設置。既に運用されていたはず。
インスタも同じく独自の購入ボタンを開設してるけど、今のところ広告のみでの使用なので興味の無い情報が流れてくることが多々ある。いずれにせよどういう施策をドーシーが打ってくるのか楽しみ!
上場したせいで、
売り上げが芳しくない→広告の効果がない→広告主が少なくなる
みたいな悪循環の無限ループから離れられなくなってる感じ。
でも、実際にはFacebook以上にクラスタでまとまっているので、そこに最適化した広告打てばかなり有用な気はするけど、何せ広告主が少ない。また、その最適化のテクノロジーがあるのかも分からないのが微妙なところ。
「復帰して再建」という意味でジョブズになれるのか?ということ。かなり厳しい道のりではあると思いますが、期待は大きいと思う。逆に、ジャック・ドーシー以外に期待することができないので、ツイッターは彼と心中するしかなさそう。
最近のtwitterの正念場感は半端ないですが、それでもこれだけのユーザーがついているサービス。適切な施策を打てれば必ず復権できるはずです。
Twitter(ツイッター)は、140文字以内の短文「ツイート」の投稿を共有するウェブ上の情報サービスである。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.が運営する。 ウィキペディア
時価総額
1.50 兆円

業績