新着Pick

中国民泊 不動産低迷で広がる

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
125Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Analysys易観智庫のデータによると、2015年第三・四半期には中国オンライン民泊予約市場規模は249.8億元となり、前期より28.0%増加し、前年度同期間より82.2%増加した。急速成長している業界とは言える。

高成長と繋がっている要因は不動産市場の低迷かもしれないが、もっと重要なのは、中国旅行市場が成長していることである。中国観光局のデータによると、2015年には、中国国内旅行人数は40億人を突破し、観光による収入は4兆元となった。また、同年度GDPへの貢献率は10.1%を達して、教育産業、銀行業、自動車産業を越えた。
airbnbは規制されて、ローカルのプラットフォーマーが強いのでしょうか?(今朝、中国で外資によるデジタルコンテンツ販売規制のニュースをみました
一線都市というより、二、三線都市の不動産はとっても低迷。しかし、二、三線都市の民泊事業は高いポテンシャルを持っている。
最近国内外の観光者、労働者の二、三線都市への移動が注目されている。
以前まで北京・上海・広州といった一線都市で就職したいという求職者が最も多かった。智聨招聘が発表した「2015年中国の雇用者とホワイトカラーの需要と供給報告書」によると、四大都市の就職競争指数はトップ3から消え、深センが4位、北京が8位、上海が12位、広州が14位となっている。更に、上海交通大学公共関係研究センターと社会調査センターがまとめた「2014中国大学生の都市に対するイメージと就職の傾向調査報告書」によると、将来の就職地として二線都市を選んだ大学生が最多で57.2%。
中国国家観光局によると、今年中国の外国人観光客は1億3,800万人を超えると予想される。二・三線都市と小都市には独特の文化と美しい風景があり、大都市に比べて日常生活に歴史が残る。中国を訪れる観光客にとって、非常に魅力ある要素を備えていると言われる。