新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週末はNBAオールスターです。日本では(月曜朝)クリスさんが解説なのでぜひ皆さん見てみましょう。彼もオールスターだしむちゃぶりされても困るだろうけど。笑

去年のオールスターの時、あの悪ガキ、チャールズ・バークレー(彼は今TNTの解説者)が「アナリティクス?あんなのはバスケやったことのない、高校の時カノジョもいなかった奴のやる仕事さ。NBAっつーのは人なんだよ、人!」と言って大盛り上がりしました。これだけアナリティクスに歴史あるNBAでこれですから面白いんですよね。まぁプロレス的な確信犯だと思いますが。もうそんな賛否を議論するのも馬鹿らしいほど普段から皆ディフェンス力やプレイヤーや特性や戦術を数字で話してますからね。
最初の馬場さんの言葉が核心をついてますね。

「そもそも日本サッカー界はデータを利用できているか」

現時点でも利用できるデータは山程あるはず。

今あるデータすら活用できてない状態では、テクノロジーがいくら進化しても何も変わらないでしょう。

代表やプロレベルであればデータ活用できているところもありますが、アマチュアはどうなんでしょうか?
これはビジュアライゼーションのデザインが肝では無いでしょうか。

よくわから無い人にもわかりやすく、AR的な要素で、テレビゲームのように色々な指標が見せるのが、特にわかりにくスポーツ、一般になじみの薄いスポーツ、状況が掴みにくいスポーツで重要になるかと。

もちろん、プロが裏方で扱うデータはまた別の話ですが。
あくまでマーケ的な側面でのデータ活用の話です。
(枠内)シュート数はクオリティの差もあるのであまり気にしていません。
最近は、各プレーヤーのプレーエリア稠密度やスプリント回数など、「ほう」と思いながら拝見してます。
営業社員がこういう分析されると嫌ですけどね。。
WOWOWの佐々木クリスさんの解説、ぜひ聞いてみたいです。馬場さんは日本、欧州での知見に加えて、現在住んでいる米国での例が加わったことで、話がよりパワーアップしていますね。勉強になります。どの業界でも、日米欧のノウハウを混ぜあわせると(さらに中国筆頭にアジアも加わるとベスト)、斬新なアイディアがどんどん出てきそうです。
ビジネスサイドもたくさんデータを持ってますが、それが使われずに塩漬け状態のまま眠っている事が多いです。

数年前からアルビ後援会のスタッフと組んで、その点から過去を整理したり、新たな調査をさせて頂き、ポイントを数値化しました。そこに現場の感覚を加えて戦力を練り、実行してもらったところ、2012年8年ぶりの会員数増加を達成。そしてそこから三年連続で会員数は増加しています。

競技側も経営側も、貴重な現場の経験や勘をたくさん蓄積してますので、それとデータを如何に融合させるかがポイントですね。
野球は、ピッチャーの160km!すごい速球だ!!という驚きが単純に面白かったりする。
観戦側としても、データがオーロラビジョンに可視化されると、もっと違う面白さが体験できるかもです!
野球中継では打者のホットゾーン、配球をストライクゾーン9分割にした図など、データの視覚化が面白い。サッカーでも欧州ではどんどんいろいろな試みが行われているから、Jリーグも追随し、凌駕して欲しい。
違うだろ、というツッコミも含めてエンターテインメント、という発想に共感です。
今はとにかくデータを含めたあらゆる情報の活用こそが重要と思います。
他のスポーツに比べてサッカーは極端にデータがない気がする。
この連載について
SAP社の日本法人副社長がスポーツにおけるテクノロジーを紹介
スプリント・コーポレーション(英語: Sprint Corporation、ニューヨーク証券取引所: S)は、アメリカの加入者数第4位の携帯電話事業者。2015年6月末での加入者数は、5681万人。本社所在地は、カンザス州オーバーランドパーク。2013年7月に、ソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)が216億ドルで買収し、78%の株式を取得。 ウィキペディア
時価総額
2.51 兆円

業績