新着Pick
1383Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どうしたら一生笑い続けられるのか」と考え「面白いやつと一緒にいることだ」と思った、とのこと。賛成。人生、おもろないとあきません。
ヨッピーさん、好きだなぁ。たまに記事を読み始めると、「またネットで時間をつぶしてしまった……」と軽く凹むくらい、読み込んでしまいます。
きわどい内容でも、誰かを傷つけるような内容ではありませんし、大切にコンテンツを作ってらっしゃる雰囲気がよく伝わってきます。外国人の方にオモコロの記事を英訳して見せるとウケるのかという記事なんかは、FunnyだけでなくInterestingという意味でも二重でおもろかったです。内容的にリンクは貼りませんが……。

先日、「最近はコラムニストやエッセイストみたいな、本を出している専業ライターが減った」と話してらっしゃる方がいましたが、考えてみればそういった人達はみんなネットに移っているんでしょうね。
よっぴー氏の真面目なインタビュー初めて見たがめちゃめちゃ面白い。最初商社に入っていたとかも知らなかった。
なにより、「バズるコンテンツの方程式は、「広さと深さと距離感」」というくだり。頭いい人なんだろうなあ、と思っていたがここまで方程式化しているとは驚きだし、述べられている内容も納得的。ただ、コンテンツを「広さと深さと距離感」で分析することは凡人にもできるが「広さと深さと距離感」を持ったコンテンツをひねり出せ、と言われるとできる人が少ないというのが彼の非凡なところなんでしょう
ヨッピーさん、本当に面白い。対談でも「そうくるか」という話ばかり。そして驚くほど勉強になります。

ベビーカーチャレンジができるなら、次は「育休取らずに国会議員をやってみた」もやってもらえないかなぁ。朝のミルク作って、オムツ替えて、ベビーカー押して国会行って、委員会傍聴して、議員と記念写真撮って、急いで帰ってお風呂準備するみたいな。

流石に怒られるかな…。
異才の思考は毎回面白いですね。

ヨッピーさん記事はシムシティとしみけんさんのが凄く面白かったです。

広さ×深さ×距離感ってネットのコンテンツに限らず一般的なマーケティングにも言えそうですね。

ヨッピーさんにインタビューするのは良いところに目をつけられてますね。
お腹が見えてますよ。
NPを見ても言えること。

・likeを集めるコメントも「広さと深さと距離感」
・荘司先生や佐山さんなど人気のpickerは「相手の反発を買わずに自分の意見を通す」
・例えば小野さんの「LAでウーバーの運転手になってみた」の記事の面白さを分解すると「バズる方程式」や「もっと頑張れ」に当てはまる

特にバズる方程式は仕事にも役立つ、広さはあまり意識できてなかっただけに素晴らしい気付きになった。
異才の思考、これからも楽しみ!
面白い!「炎上させたくはない。ネットが楽しくなくなっちゃうから」というのはヨッピーさんの人柄もよく出てるなぁ、と。すごく共感。
僕も基本的にネットであれリアルであれ、ギスギス感大嫌いなので、どうしたらそれを避けて楽しくできるのかを考える方です。考えただけで終わっちゃうんですけど。
昔、東京姉妹がプチ炎上した時に書いた記事でも書いたけど、僕は炎上が大嫌いです。炎上しているのを見るのも、自ら炎上させるのも。
http://now-or-never.jp/?p=3050
だからヨッピーさんが「炎上させたくない」と仰っていてすごく納得した。炎上させてPVを取るのは簡単だけど、それは焼畑というか、誰も幸せにならない。

たまに、遊びゴコロが行き過ぎてプチ炎上させてしまうことがあるので、読み手への配慮を忘れずに「炎上させないコンテンツづくり」を心がけようと、改めて思いました。

以下引用。
「炎上させたくはないんですよ。だって、ネットが楽しくなくなっちゃいますから。楽しくてネット始めたのに本末転倒になっちゃう。それでPV稼いでお金儲けたとしても、人を傷つけることの対価としての報酬ですからね。あんなもん完全に通り魔じゃないですか。」
この前、笑いたいという欲望は、どれぐらい根源的かを人と議論した。笑いって、再現が難しい。
この連載について
NewsPicks編集部が、経営者だけでなく、クリエイター、研究者、文化人など、各ジャンルで異彩を放つ人々をピックアップ。彼ら、彼女らの仕事や自身の生き方に対する思いを聞く。