新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ニュースピックスで、好きな本を紹介しました。今まで紹介していた人たちと全く違う種類の本になりました。やっぱり僕はフィクションが大好きなんだなぁと改めて実感。
才能は「観察力」で分かる、は医療者も同じです。

ある40代後半のわりと綺麗な女性が、足が痛いと、病院に検査をしに来て、靴を脱いで検査を終えて、靴を履こうとした時に、検査上問題ないため医療者が見守っていると、

医療者に向かって、
「何で手伝ってくれないのよ!こんなに足が痛いって言ってるのに!」と声を荒げてきました。

そこで、何を考えるかです。
観察力が問われます。

まわりを自分が都合がいいように動かしてきた人なんだろう。
そして、それをずっと繰り返してきたことで、まわりが疲れて、
最初は本人が望むようにまわりが動いて、助けてくれてたのに、どんどんまわりがまた同じようなこと言ってるよみたいに、離れていったりする。

さらに気を引こうと、痛みが強いと過剰に言ったり、助けてくれた人には過剰に優しくして、
助けてくれない人を非難して、助けてくれた人は、もし助けなかったら、あんな風になるのかと思ってしばらくは助けるけど、精神的に強いられることは疲れるので、知らないうちに距離をとられて、どんどん孤立して、
誰も自分のことを見てくれない、
イライラして、まわりに当たってきた人なんだな。

そして、この容姿からすると、
最初はその綺麗な容姿に男性が惹かれて、付き合い始めるけれど、その要求度の高さに疲弊して、男性が去っていき、さらに美容に意識をして、美で人の気を引こうとしているのだろうな。
年齢が上がるにつれ、男性からの扱いが若い頃より、粗雑にされることが多くなり、さらに怒りを感じやすいのだろう。
愛をずっと求めてるけど、愛をなかなか得られなかった人なんだろう。

そして、今ここで自分がどんな反応するかを試してるんだな、しかも試している意識はなく、無意識にそうやって、敵が味方を見極めようとしてるんだな。

さて、何て答えようかな、と自分ならなります。

そこで、怒りやすい人なんだな、そんなに痛かったのか、と終わることもできるでしょう。

けれども、
1つの状況で多く観察できれば、そしていろんな状況を見ていけば、それだけその人を深く理解でき、その人が何を求めてて、何に困っているのか、だからこうやったら良くなっていくのではと、仮説を立てて、検証できるわけです。

考えすぎだと言われることもありますが、
考えすぎるほど考えて、それが患者のためになる、こんなに楽しいことはないはずです。
面白い!紹介されている本もそうだけど、クリエーターの才能は観察力という指摘は成る程と思いました。ストーリー作りに必要な想像力は1割程度で残りの9割は自分自身の過去の記憶や感情を再編集している。その記憶や感情のストックをどこまで豊かに出来るかが「観察力」。
この記事を読んで感じたのは良い編集者は良きレビューアーであること。どの作品も読みたくなると共に、世の著名な編集者たちの好きな作品についての記事がもっとあればいいのにと思った。
刺さりますね、この言葉。
「伸びる人は、同じものを見ていても、人とは違うところまで見えています。10の情報のうちの1しか読み取れない人と、8読み取れる人では、成長のスピードが違います。」

最近思うことは10の情報から、読み取る量が、なぜ?どうして?という疑問から様々調べたり、考えたりして吸収量を増やしていく人が成長が早い、ということ。
年を重ねるごとに、知らないことでも一般的にはこう、というバイアスだらけになって、疑問を持たない自分に恐ろしくなった。頭を動かすこと、これをもっとテーマにしないといけない。
これだけモノやコトが世間に溢れている今となっては、今あるものの組み合わせ方を変えることが、新しいモノやコトを生み出す力になるはずです。
観察力の善し悪しが、その一歩かと思います。これからの時代を生き抜く為には、観察力が重要だと思います。
佐渡島さんらしいチョイス。どれも読みたくなるものばかり。やはり、好きな本と映画を聞くのが、その人物を知るベストな質問ですね。
村上春樹を好きな人はレイモンド・カーヴァーを例外なく好きな気がする。
もちろんそれは村上春樹が翻訳してるからなんだろうけど、偉大な小説家=偉大な翻訳家ってホントすごいな
ちょうど昨日、話がまとまらない息子に、どうやって要約するかを教えてしまいましたが、結婚式のエピソードの部分を読んで、彼の観察能力を阻んでしまったのかもと、少し反省しました。
ストーリー作りの部分は、クリエイターを研究者に置き換えてもかなり当てはまるもので、とても共感しました。佐渡島さんの文章は、自分に置き換えて共感できることが多く、いつも楽しみにしているのですが、これは、佐渡島さんの抽象化のレベル感が適切だということなのか、あるいは新しいモノやコトを作り出すという作業の根底に流れるものが同じということなのか。
村上春樹の翻訳、私も大好きです。ハードボイルドものも、「ティファニーで朝食を」のようなラブストーリーも。
遠藤周作の「沈黙」を改めて読み直したくなりました。

追記 そう言えば、NewsPicksに来る前、編集長の佐々木から、好きな作家は?と聞かれました。笑
この連載について
現在、第一線で活躍する若手経営者たち。彼らはこれまでの人生でどのような書籍を読み、それをどう仕事に生かしてきたのか。本連載では、個性豊かな10人の経営者が登場。古典から最新ビジネス書、文学から理工書まで、幅広いジャンルの「座右の書」を紹介するとともに、その本にまつわるエピソードや、私流の「本の読み方」を披露する。