新着Pick
677Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
官僚を批判するばかりでなく、立派な官僚を個人名で取り上げることもメディアの役目。こうしたレポートが増えてほしいですね。
この松田さんという国士は素晴らしい功績を残されたと思います。日本国民として心から感謝しますし、ご冥福をお祈り申し上げます。
個人的にも、中央官庁で働く旧友が数多くいるので、彼らが使命感を持って激務に当たっていることもよく知っています。あんな睡眠時間で大丈夫なのかと驚嘆します。

ただ、「普段は顧みられることのない外交官は実は立派な人だった」という記事やコメント欄のロジックには少し違和感があります。
そんな風に考えている人はごく少数だと思います。
自由進歩主義的なシンボルマークのような人たち(例: Googleの創設者)を礼賛するネットメディアに接する時間が長い人には新鮮なことかもしれませんが、世の中の大半の人は外務省に勤めるエリート官僚のことは最大限にリスペクトしてると思います。
ご近所からの評判、銀行の融資審査、子弟の進学、就職、結婚に際してのスクリーニングに至るまで、トリプルAの社会的評価を受けてますし、経済的な見返りにしても、生涯を通算してみれば決して悪くありません。
だから皆さん、心配しなくても大丈夫です。

彼らのような特権的な立場にはなくても、世の中を変革しようとしている市井の人々に光を当てる。従来通りのスタンスで良いと思いますよ。このNPという言論空間は。らしくないです(たまには良いとは思いますが)。
僕としては、この記事ほど堀江貴文さんの意見が聞きたいと思ったものはないです。
これは皮肉でもなんでもありません。
ひねくれたコメントでごめんなさいワン。
舞台裏を支えていた松田さん。ご冥福をお祈りします。
キャリア官僚を叩く記事の方が多くていつも嫌だなと思っていましたが、こういった記事が出るのはいいですね。ただ、できれば生きている人の話がききたいかな。

官僚の皆さんは本当に頭がいいだけでなく国のことを心から考えている人も多いですし…素敵な人が多いと思います。ただ、今の、大学出たらずっと官僚、それにゼネラリストとして養成するという生え抜き制度はそろそろ見直して、専門官という形じゃなく力のある専門家をきちんと養成したり、上手く転職組や出もどり組を迎え入れていくと良いのじゃないか?とも思います。
素敵な記事。素敵な人。
こうしたニュースこそ、もっと取り上げてほしい。
TPPを甘利元大臣の手柄のように書いた新聞もありましたが、こんな官僚の方が裏で使命感を持ってやっていたんですね。
すごくいい記事だと思います。アエラで書けなかったのが悔しいと思うぐらい。
ご冥福をお祈りします。最終意思決定は政治であっても、その決断を最大効果の高いものにするために、水面下で頑張っている官僚もたくさんいます。しかし、一般的には、官僚はチームで仕事をしているので、誰かだけの手柄と区分しにくいものの、生前からも、そのような人達の汗に、時にはスポットをあてていただけるとありがたいと思います。
元外務省員です。松田誠さんとは一緒に仕事をしたことはありませんが、責任感があり、周りに配慮できる人だとの評判は聞いたことがあります。この記事に掲載されている写真には、知っている人も出ています。松田さんが亡くなったときに、とてもショックだとFacebookでの書き込みが並んだことを覚えています。

何人かのピッカーさんが指摘していますが、こうした話は存命中にこそ知られて欲しいこと。ただ、往々にしてこういうタイプの官僚は、自分がメディアに大きく取りあげられるのを嫌う実直な方が多い。
他にもまだまだ沢山立派な官僚はいると思います。
ただ、難しいのは、組織となると別ですから、政治がしっかりしないといけないのです。