新着Pick
671Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の就活では、目立つとダメとのこと。そんなこと言ってたら、優秀な人材は外に逃げて行く。インテグラルは、そんなこと言いませんので、どこかで修行してからお出で下さい。
"日本の就活で一番大切なことは、「目立たない」こと。"
え?何言ってるの?という感じ。この方、日本で就活したことあるのかな。もちろん、企業によってはそういう目線で採用活動している会社もあるだろうが、そういう会社は受けなければ良い。
一面的な印象論でもって「日本の就活」を語るのはやめていただきたい。

ドイツの就活は実力主義かもしれないが、入社後は実力主義ではない。一般枠で入社した人はどんなに何十年頑張っても、リーダーシッププログラム(LP)採用の人の初任給を抜くことはあり得ない。こうしたリアリティをこの方はご存知だろうか?

ご存知ないなら、日本の雇用慣行と欧米型の雇用慣行を比較した「日本で働くのは本当に損なのか (PHPビジネス新書)」あたりでも読んで頂くと良いのではないかなと。
https://www.amazon.co.jp/dp/4569815022/ref=cm_sw_r_cp_awd_CErVwbH0SKG3N
これは就活が終わっているっていう指摘じゃなくて、日本企業の人材採用が終わっているという指摘のような。日本の就活についてはネットで調べたような情報で違和感があります。

そういえば自分が就活の時は折角のスーツだからと思って、ちょっとアクセントのあるものをデパートで選んで外に出てみたら、パープルのピンストライプでした(笑)

説明会でも面接でもスーツだけ目立ってました。別に個性が歌舞伎町系なわけではなく、単にスーツ選びに失敗しただけでしたが、面接室に入った途端に怪訝な顔をされてました。

ということで、別に周りに見た目を合わせる必要はないと思いますが、そこでホストのような身なりで無理に相手の警戒心を高めなくても良いということを経験からお伝えしておきます。
「目立ってはいけない」とか、それって就活方法の違いじゃなくて文化や考え方の違いでしょ。

ドイツ絶賛してるけど、川口マーン惠美氏の意見では「住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち」だと日本が圧勝してますよ。これどうなの?

http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20131028
面接一回だけなんだ。ヘェー。当社は人によって違うけど、二日間かけて10回くらいやることもあるよ。
ナル タントさんに同意。学生のクラウドファンディングが流行ってますが、バイトで色々と学んだり人とのネットワークを作りながらお金を稼いだ方がいい。
採用で失敗した会社は莫大な人件費をドブに捨てる。リスク回避するためにはインターンや中途採用を強化する。というだけのことだと思います。就活文化自体は様式美みたいなものを戯れにやっているイメージです。様式美だから頑張ってやればそれなりに学ぶことも多い。でも所詮は戯れです。
何故今ドイツ。まあ良いのですが…。日本の採用制度ボロカス言ってますが、ドイツの仕組みをわかっている事は理解しますが日本を充分理解している根拠がプロフィールからは見当たらない。私は大学卒業以降ずっと外資系企業でしか働いておりませんが、営業職ゆえ、様々な日本企業の方々と会話する機会がありましたが、優秀な人は沢山いるなあと言う印象。論理的でもあるし、個性を不要とするような印象を受けた経験はあまり無いです。あったとしても、それは日本においても大した価値の無い会社でしたよ。私は営業なので、成長する会社を分析してアプローチしてますが、その際に魅力的だと思った会社の社員は優秀だなと思いましたね。あ、でも営業職は6〜7割は無能かもしれませんね。担当者の好みに合わせる事のみに注力する傾向が高いので…。
ハフポスのリベラルを唄いながら海外かぶれのような記事が苦手でここ最近見ることをやめてしまったのだけれども、最近大手や中小の人事の方とお会いするに昔ほどステレオタイプに当てはめようとする人は少ないし各社大変な努力をしてしっかりと結果を出してきていると思う。確かに例示されるほどの自由さはないかもしれないが少なくともそんなに悪くないはず。
新卒一括採用が続く限りはこの構図は変わらない。一時に大量の採用をする企業は個人の本来の能力なんて見極めることなど出来ない。