新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
無理して起業しなくてもいい。無理しないと踏み切れないのは、本当にやりたいと思っていない証拠。自然体で起業したい。
やりたいことあったら後先考えなくなるんだよなー。だから躊躇する意味がわからん。まあ、みんな失うことを恐れるんだろうなあ。もともとゼロでもとに戻るだけなんだけどなあ
Market Watcherさんのコメントも参照。自分自身は、大企業からベンチャーに移った。自分では起業していないし、ベンチャーに移った後も起業する気は全く起きない。社会に与えている影響は、金額でいうと前職のほうが遥かに大きい。でも自分じゃなくてもその影響は与えられるかもしれない。今は、サービスに直に関わっていることや組織内で自分にしかできないことが多いから、ストレッチがかかる環境というのは楽しめている。代替性が低いという点では社会には純増になって付加価値を出せてるのかもしれない(と信じたい)。
ただ、大企業で影響力が大きい仕事ができるのは、その組織がこれまで構築してきたブランド・資本・技術を活用し、ほかの人の協力があるから。それを「自分が全てやりました」と勘違いだけはしないようにしたい。
書いてある通り、起業できる人はラッキーな人だし、起業してるから偉いみたいなのは思い上がりだと思います。皆それぞれ、自分が今できること、やりたいこと、やるべきことを考えながら、粛々と生きればよいのではないでしょうか。
おお、けんすうさん、イベントやるんだ。
「起業をしたいけど、一歩が踏み出せない人を後押しするイベント」か。何でもそうだけど、一歩が踏み出せさえすれば、意外と何でもできちゃうもんだからな。こういうイベントはとってもありがたい。

イベント登壇者もとっても豪華。
個人的にとっても行きたいんだけど、もう既に登記しちゃってる人はダメかな?笑

・エウレカ 赤坂 優氏
・グロービス・キャピタル・パートナーズ 高宮 慎一氏
・Supership 古川 健介
自分の興味のある分野で、時代の変わり目が自分には見えたと思ったら、起業すると面白い。社長と起業家は違う。社長は誰でも名乗ればできるし、既存企業のミニチュアとして飯を食べるくらいなら難しくない。起業家として社会に新しい価値を生み出す、新しい業を起こすには、将来への知見がいる。知見が溜まると迷いも無くなる。
けんすうさんは優しい人だなぁと思いました。

起業を進めるべきか否か、というコメント欄になってて面白い。起業したいけどあと一歩踏み出せない人向けのイベントなんだから、やりたくないならやらなければいい、ということなのではと思います。

ちなみにわたしはアホなので、自分の起業という決断を学生のときにして、いざ起業したあとに、起業って大変じゃん!って気づきました。とはいえがんばらないと死ぬので未熟なりにもがいています。NPO法人だけど大まかなことは変わらんなと思います。
起業したくてしたのではなく、自分の進むべき方向とか環境を考えて起業が最もフィットしそうだから私は起業したので、肩ひじ張らずにやれてます。
慢性長時間労働、バカンスなしの環境下だと、仕事や起業に執着し過ぎるようになりがちですね。
踏み出せないやつはやったらあかんでしょ。
あえていうなら周りの問題。