新着Pick
72Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
もはやここまでの額になるとその使い道にさえ悩むんじゃ無いだろうか。余計なお世話か。

Sundarは私がGoogleでPMをしていた頃に、Toolbarで一緒に仕事をした。マウンテンビューのキャンパスですれ違うと声をかけてくれたりする気さくな人だ。その後、私も彼もChromeの担当になった。私はエンジニアリングに異動したが、彼はその後もPMで、あれよあれよと言う間に偉くなり、しばらくしてGoogleのほとんどの事業の責任者となった。事業責任者としても、組織の長としても優秀で、彼が新しくトップになった部署の人間が、彼が来てから死んでたプロジェクトが生き返ったと話していたのを聞いたのも一度や二度ではなかった。これだけ評価されるのも当たり前。結果も出しているし。
2億ドルのストックオプションでも、創業者2人がそれぞれ保有している分の0.5%程度だから、全然アリでしょう。定常的な時価総額世界最大が視野に入っている企業だし。
Googleほどの会社のCEOなら2億ドルくらい当たり前。彼がリアイヤした後、エンジェルとして「次のGoogle」に投資したり、ゲイツやザッカーバーグのように社会支援のための財団をつくり、次世代へ投資される。こうしてアメリカの社会は回ってるのだ。
報酬の200億は営業利益の1%分に相当するから、すごい意思決定であることがわかる。現金じゃできない、、
制限付きクラスA株式がどういう制限なのかが気になるわたし。ファイナンスのスキームはきちんと知っていればいるほど、経営戦略上の武器になる。
グーグルのピチャイCEOがアルファベットから約1億9900万ドル(約230億円)相当の制限付き株式を付与されたとのこと。CEO職を継続した場合、2019年末まで四半期ごとに付与される。これを見ると、ソフトバンクのニケシュの凄さを感じる。
Googleも凄いけど、ソフトバンクもニケシュ・アローラに165億円の報酬を支払った事で話題になりましたよね!
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
87.0 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア