新着Pick
299Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取材を通して、たくさんの日米スカウトと接してきました。彼らと接する中で感じていたのは、スカウトの人の見方や視野の広さです。物事を多角的にみつめている彼らの視点は、野球の中だけではなく、いろんな分野の方々にも参考にしていただけるのではないかと思っています。やりたかった特集の一つ。編集部のみなさまに感謝です。
採用は組織人事の第一ボタン。

ここがズレるとその後の育成、評価、マネジメントなどあらゆるボタンがズレることになります。

プロ野球でも一緒ですね!
プロ野球のスカウト特集を本日より7日間連続掲載。球界の目利きがどうやって将来有望な選手を発掘しているかに迫りつつ、一般のビジネスパーソンが人と付き合う上でのヒントも落としていければな、と。
大渕さんは大谷を口説き落とした方です。

その時の資料が球団HPで公開されています。
http://www.fighters.co.jp/news/detail/3251.html

これはスポーツ界に限らず、ビジネスパーソン必見でしょう。
田村さんが鹿児島の樟南高校で福岡ー田村のバッテリーで名を馳せていた時からファンでした。実際には、高校3年生の時、田村さんのバッティングフォームを真似させてもらってましたから。そんな人がスカウトでも成功しているのはとても嬉しいですね
大瀬良を指名し、監督が引くのが一般的である交渉権のくじを田村スカウトが引いたのは、すごく印象的だった。確かにスカウトにスポットライトが当たった瞬間だったかもしれない。けれどプロ野球ファンは、スカウトの名前は知らずともスカウティングの大切さはすごく感じているはず。特に前評判が高くなかった選手が活躍するときには。

広島では金本知憲も前田智徳もドラフト4位。FAで実績ある選手を引っ張れないこともあり、スカウティングはまさに命綱のように感じています。大渕さんのような経歴の方がスカウトになられることで、また違ったスカウティングの世界が作られていきそうですね。
企業の採用もコレです>追いかけて、追いかけて、お互いの信頼関係を築いてきた。こんな仕事があって、誠実にやる世界だと見せてくれた
第一回が大渕さんというのは素晴らしいチョイスですね。

日ハムの骨太のドラフト、育成方針を伺っていると、組織にしっかりしたビジョンが浸透していることが如何に重要かが分かります。

勉強会を主催してくださったり、若手を飲みに誘ってくださったりと、いつも純粋に野球界の発展に向けて行動されている尊敬すべき先輩です。
スカウトが明日の球団をつくっているといって過言ではないな。この連載、面白そう。
スカウトが組織のベースを創る、という話。ビジネスの世界でも全く同じ事が当てはまると感じました。
明日以降も楽しみです。
株式会社ヤクルト本社(ヤクルトほんしゃ)は、日本の飲料・食品・化粧品・医薬品メーカーである。乳酸菌飲料メーカーとしては国内最大手。国外売上比率は4割。海外では39カ国・地域に進出している(2019年8月時点)。 ウィキペディア
時価総額
1.01 兆円

業績

阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急阪神不動産・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら6社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,760 億円

業績