新着Pick
195Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
冷静な視点がいいね。
人気 Picker
このように純粋に技術的な側面からの分析というのも非常に興味深い。北朝鮮国内の政治的文脈からの分析に加え、こうした技術的な面からの分析も加えることで、多角的に今回のミサイル発射実験について考察することが重要。神保PROがPickした記事と合わせて読むとさらに理解が深まると思う。
技術面から今回のロケット問題をとりあげた分析記事。ミサイルというには再突入の問題がクリアできていないことを指摘していて、興味深い。

それにしても将来、北朝鮮が崩壊して韓国と統一国家が誕生すれば、韓国が核兵器をもつことになる。そのとき日本はどう対峙することになるのか。

現実的には、日本が統一のコストを負担することになるだろうから、それと引き替えに核兵器や弾道弾の廃棄を迫る、ということになるのであろう。
さすが松浦さん。安定のまともな分析記事です。
北朝鮮のロケット技術は決して幼稚なものではなく、どこへ飛んでくるかわからない、というレベルではないことがよくわかります。

発射時間については、今回は現地時間ですと9時ちょうどとなりますのでおそらく政治的に決められていたのでしょう。日程を繰り上げたのはおそらく天候を考慮してのことと思われます(今日の北朝鮮は、低気圧が発達中で風が強くなっています)。

4年前の松浦さんの記事でも、北朝鮮がロケットを追跡する設備をもっていないことから、ロケットが自ら慣性航法装置などにより所望の軌道まで到達したと触れられています。一定の技術は獲得していると考えてよさそうです。
なお、兵器への転用については再突入体、つまり弾頭の開発がどこまで進んでいるかがポイントです。日本がロケット開発を進めても特に軍事的な側面で見られないのはこの点にあります。
先日の核実験は水素爆弾ではなく一部に核融合を用いた強化(ブースト型)原爆であったとする推定もありますが、これを小型化できているかが、今後の北朝鮮戦略を考える上で重要となります。
北朝鮮の衛星打ち上げを技術面から非常にすっきりとまとめた記事。
偵察衛星・弾道ミサイル入門、と銘打ってもいいですよね。
こういうクリアかつ精密な技術的分析はなかなかお目にかかれないですが、大変貴重です。
【国際】今回の北朝鮮のミサイル実験について純技術的な観点から分析した良記事。同様の分析は添付のPodcastでも聴ける。
http://www.tbsradio.jp/ss954/2016/02/20160208-1.html