新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

144Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「好奇心」は感情です。感情は行動につなげなければ、固定化しません。
誰かを「好き」という感情が、付き合った最初はすごく強いのに、どんどん薄れていくのと同じです

最初は「好き」という感情が湧いた時に、好きだよって言ったり、何かプレゼントしたりという行動につなげます

この行動をすることで感情が固定化するわけです

けれども、付き合いが長くなると、もう分かってるだろうとか恥ずかしいという理由から、
好きだよとかありがとうとか言わなくなったり、何かをあげたりすることがなくなり、「好き」という感情が生じた時に、行動をしなくなるので、その感情が固定化しなくなり、どんどん好きな気持ちが薄れていくわけです。
一旦固定化しても時間経過とともに感情は薄れるので、また「好き」という感情が湧く経験、好きな人に会うとか、話すとかそういう行動が必要になります

「好き」な感情を抱くための行動がまず必要で、それを固定化させるための行動も必要なわけです

「好奇心」も同じで、その感情が湧くいつもとは違う経験をする行動をすることです。
自分ならばNews Picksでのインプットです。

そして、「好奇心」をアウトプットしたり、形にしたりと、固定化させるための行動をすることです。
自分にとってはNews Picksでのコメントでしょう。


「好奇心」を持ち続けている人は、行動し続けている人だということを、感覚的には分かるのではないでしょうか


「足るを知る」が感情の振れ幅というのもその通りでしょう

色んな感情を経験することで、容量は増えます

容量は経験によって決まるので、満たされてしまえば、それ以上求めなくなりますし、溢れてしまえばおかしくなってしまいます。

色んな経験、行動をして、色んな感情を持って

それを溜めたままにしないで、また行動に移して循環することです。

エネルギッシュな人はポジティブもネガティブも色んな感情を大きく感じてる人だということも、感覚的には分かるのではないでしょうか。

感情と行動の循環が必要なので、「好奇心」と「足るを知る」はセットでもあると言えるでしょう。
"「足る」というのは、結局、振れ幅の規模"というのはたしかにその通りかと思います。これは出発点としては自分で望む望まないに関わらず生まれ育った環境によって振れ幅の大きさはある程度規定されますね。ここで例示されている既に自分の人生に満足している大学生、どちらかというと向上心がたりないということで否定的な対象かと思いますが、私は否定しません。振れ幅の小さい人生というのもそれを望む人にとっては当然ありで、それこそ自由にすればいいじゃないですか。振れ幅大きくやたらと「Greed is good」を撒き散らすよりも余程健全かと思います。
Sakamoto医師のコメントが勉強になります。好奇心旺盛で行動力旺盛なタイプは最強ですね。
読み手によって受け止め方が変わる記事ですね。
「人生の体験によって、「満足」という器はいくらでも大きさが変わると思います。なんの不幸もない人は、本当はいちばん不幸なのかもしれない。」が一番心に響きました。自分のパーソナリティをよく理解することが、幸せの近道である気がします。
好奇心と連動していると思うのは、行動範囲です。今はネットで知りたいことの大方は分かりますが、それでもそこにいかないと分からないこと、会えない人、持てない感情、まだまだあると思います。ライフネットの出口さんが人生で大切にされていることとして以前仰っていたのは、「本を読むこと、旅をすること、人と会うこと」。私もそのように思ってます。

好奇心は「なぜ」を追究することで、継続できるものと考えます。
「天は自ら助くる者を助く」自助努力で生きている人の姿は尊い、という。頑張りましょう。
Greed is good
いや、そこは、ゴードン・ゲッコーというよりマイケル・ダグラスww
アメリカ人=ゴードン・ゲッコーというイメージな人はけっこう多そう。
足るを知る、何も成し遂げていない人がそれを口にしたら、その後も何もできないでしょうし、何かを成し遂げた人がそれを言ったらもったいないと思います。
人間には皆大きな潜在能力があるはずで、それを発揮せずに人生を終えるのはもったいないですし、最後の最後まで生き切る方が私にとっては満足度が高いです。
死ぬ瞬間に足るを知れば良いと思っているので、それまでは足るなどという感覚は知りたくもないです。
「満足の器」は一人分なのか、一家族分なのか、一国分なのか、人類分なのか。それは自分の共感と責任の範囲次第。

生まれ育った街を出て日本を知り、日本を出て世界を知り、本や話で過去を知る。感受性が豊かで素直な時期に、どれだけの未知に触れ合えるかが、その人の「満足の器」を形造ると思う。
Greed, for lack of better world, is good.
僕自身、気分的に新しいことをどんどんやりたい時と、全くその気が無い時と波があるし、そこはメタのところで、ウォールストリートでも見て、油を注入するべきかなとも思います。