新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自分に合った睡眠を見つけたいです。切実に。TEDトークで、睡眠中にある分泌物が出て、それが脳の掃除しているという話があったのが面白かった記憶があります。
人気 Picker
50を前にした頃から旧にショートスリーパーになってしまった。
一時間半から二時間で目が覚める。ただべつにもう一度眠るのに苦労はない。
寝ようと思えばまた数分で眠れる。意外と起きてもすっきりはするので、仕事が忙しい時はそのまま起きて仕事をする。
ただこれをツーセットは一日取らないと(4時間)昼間に眠くなるようだ。
今のところ忙しい日々なので便利が良いからこれを気に入ってる。
社員からすると二時間ごとに真夜中でもメールを返すので、寝てないの?って思われてたらしい(笑
体内時計は人によって違うので、8時間睡眠の推奨は間違いというわけです。
若い時は長い時間が必要、高齢になると短くなる、そして、その中にももともと必要な睡眠時間が違い、ショートスリーパーとロングスリーパーがいます。
それらのざっくり平均が8時間くらいだろうと、推奨されてきたわけです。

8時間がどこまで正確な調査のもとの平均かは当時の調査なので分かりませんし、もしかしたらテレビの100人の睡眠時間を聞きました的な調査の結果だったのかもしれません。

どっちにしろ、平均なので、人によって、時期によって必要な時間は変わるわけです。

そして、この記事で言っている7時間睡眠については、この研究者の言いたいことは、
眠らないで仕事をしたいという、眠りに重きをおかない人に向けて、4時間や3時間を目指すのではなく、睡眠時間はある程度必要ですよというメッセージを伝えたかっただけでしょう。
7時間睡眠がよいとは言っていないわけです。

自分は5時間睡眠を切るのが2日続くと、めまいやだるさなど身体症状に現れます。
平均すると6時間くらいがちょうどいいです。
けれど、一旦身体症状が出てしまうと、それを戻すためには何日か睡眠時間の延長が必要です。
このような形で、自分の睡眠時間と日中のパフォーマンスなどを検証しながら自分に必要な睡眠時間を知ることです。

睡眠のための睡眠ではないので、1番大切なのは、日中の活動、日中のパフォーマンスです。
活動のための睡眠です。

睡眠に良い習慣は確かに統計上はあります。
けれども、
日中の活動に影響がなければ、睡眠時間も質も気にしなくてもよいわけです。

あ、あと、体内時計は、生活習慣でずれていきますのでご注意を。

一定の体内時計を保つためには

日光を浴びてから14時間前後にメラトニン分泌が始まるので同じ時間に朝起きて日光をあびること、
日中に運動をして睡眠物質を貯めること、
長時間の昼寝をして溜まった睡眠物質を減らしすぎないこと、

などいくつかありますので、また自分で調べてみて、自分で検証して、自分に合った睡眠をぜひ。
眠り=脳活動

「大脳皮質は、眠っている間に何か大事なことをしているのです。全身の基礎代謝の2割は脳の活動のエネルギーに使われていると言われていますが、眠っている間も脳は休むことはない。睡眠中も、起きているときの20%セーブぐらいのエネルギー量で、脳は活動しているんです。
最近は日がまわった頃に寝ていますが、起床は大概7時前後です。
やはり習慣ってやつは恐ろしいですが、このクロノタイプとやつを上手に味方につけてあげればいいんですね。
どうしても仕事の職制上、不規則な生活を送ってしまいがちです。(そういった環境下でもセルフマネジメントがきちんとしている人はいますが)

少々不規則な生活を改善することより、十分な睡眠時間を取ることを重要視しています。
睡眠時間を確保するのは意外に大変。昼寝が重要だな。
新着記事一覧
【コラム】気候変動の解決に向けたスタートアップの取り組み、私がNestを設立した理由
TechCrunch Japan
4Picks

リクルートワークス研究所の若手研究員が語る「いま知っておきたい“これからの働く”」|株式会社リクルート
株式会社リクルート
4Picks

3割の新人が3年で離職「若者は根性が足りない」と嘆くオジサン社員の壮大な"勘違い" - 古臭い会社が見放されているだけ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
3Picks

「結婚はコスパが悪い、でも孤独死はしたくない」せっせと働き、貯金を続ける"高収入女性"の理屈 - お金をかけるのは"健康面"のみ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

日本ハム「ジョーカー・新庄剛志監督」招聘の本気度 稲葉篤紀“GM”との相性もバッチリ、チーム浮上の最終兵器に
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

「ママ何歳?」「今日のごはんは何?」それ、さっきも聞いたよね子どもたちの“同じ質問”にはどう答えたらいい?
FNNプライムオンライン
2Picks

米国の10代の若者、半数以上が学校での授業再開に不安
Forbes JAPAN
3Picks

週休3日制を実現するためのアドバイス「3つの神話」にとらわれず、仕事以外の人生に価値を見出す
Business Insider Japan
3Picks

残業規制が厳しくなってからの対策は?中小企業経営者らに調査を実施
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
2Picks

幸せになるための「近道」とは?(2)
マイナビニュース
2Picks