新着Pick
176Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
地方まではなかなか来なかったり都心では逆にチケットが取れなかったりするから、こういうのは有りだと思います。
人気 Picker
YY Wanchanghuiと同じモデルのShowroom(Denaの子会社)のサービスを前友達とやってみたがめちゃくちゃ面白かった。

何がおもしろかったかというと、ライブなどを見に行くよりすごく近い距離(な気分)で演者とコミュニケーションをとれるところと、お金をはらってプレゼントをするとダイレクトに反応がみれるところ。
すごい勢いだな
直播(ストリーミング)は中国ですごく一般的になってる

最近は、個人が直播(ストリーミング)するアプリもに凄い人気で、その筆頭の映客(インカ)はリリースから3ヶ月で数千万ダウンロードと聞く

ただ普通のちょっと可愛い女の子や格好良い男の子が、犬と遊んでたりネットショッピングをしてるだけで、1万人から5万人が同時視聴してる

この間は中国人の友人数名と晩御飯中に、一人の友達が映客インカを始めて、30分で100元(2000円)を稼いで、晩御飯代無料になったと喜んでた

こういう新しいサービスの浸透は凄まじいのが中国
音楽コンテンツを持っているプレイヤーはこの流れに乗り遅れずにコンテンツを供給して中国でヒットする日本のアーティストの数と質を増やしていって欲しい。本当に中国や東南アジアに行くとコンテンツとしてKPOPに押されてボロ負け感がある。
【人口スケールが違いすぎ】
中国ビズネスの市場規模の大きさを痛感させられる。ちょっとしたライブストリーミング配信で数万、数十万PVを稼げてしまう。日本語圏でビジネスをする事が如何に限定的かを思い知らされる。

【広大な土地】
そしてこのようなビジネスが成立するのはやはり、広大な土地を持つ中国ならでは。日本で転用しようとしても一筋縄ではいかないだろう。

【ITサービス最先端は中国】
日本では(ニコニコ等を除いては)最近やっとLINE LIVEのようなモバイルストリーミングがスタートした。しかしまだライブストリーミングは一般化していない。その理由にインフラの整備が挙げられる。中国のようにサービスインフラが整っていない国では、ネットサービスが広まるのが圧倒的に早い。だから中国は世界最先端のIT化社会になっている。今後は「シリコンバレーを見習おう」から「中国を見習おう」にシフトしていくかもしれない。
鍵になるなと感じたのはこの部分。
"コンサート配信を視聴するユーザの半数以上はミュージシャンがほとんど訪れることのない小規模な都市に住む人たちであった"

体験型コンテンツであるライブをどうやって体験する「機会のない」人達に届けるかが成功に繋がりそうですね。ライブは体験→感動→シェア→ファンベースの拡大が前提となり、またライブが音楽活動にしめる収入源的な役割も大きくなってきている為ある種当然の流れだと思う。ちなみにアメリカのYahooではYahoo Liveというライブ配信サービスがあり若者に人気のあるライブバンド(ライブに定評のあるバンド)のラインナップが豊富です。圧倒的熱量で訴えかけるライブは画面を通してでも十分感動できます。
中国のサービスは本当に進化してるものが多い。期待大です