新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現場を大事にする地に足のついた受け答えが澤田さんらしい。
澤田さんからは常に『社長の仕事は課題解決ではない。過去の延長ではない振り切った取り組みによって、会社を従来とは異なるステージに押し上げ、課題そのものを変えてしまうことだ。』と教えられてきた。

正にユニクロでそれを実践し、売上数百億円規模だった会社を五年で一気に数千億円まで持っていった澤田さんが今回はファミマでどんな改革をやるのか、勉強させて頂きたい。
今回のファミマ・ユニーHDの人事の中で最もサプライズだった澤田さんの社長就任。他のメディアではあまり取り上げられていませんが、インタビューなどからその裏側がわかってきます。玉塚さんとのライバル関係がローソンとファミマという王者セブンを追う同業で行われることには大きな興味があります。日商70万に達すると言われるセブンに、日商52〜55万のローソン、ファミマがどのように追うのか二人の経営者に注目しながら見ていきたい。店舗数で追いつくだけでは太刀打ちできない状況になってきていると思う。
澤田さん対玉塚さん まさに好敵手!仲良しの二人の戦いが楽しみ!スポーツの世界でもライバルがいる方が記録は確実に伸びる。コンビニ界が楽しみ!
ちなみに大昔、リヴァンプとサニーサイドアップでPR会社やったら面白いねっ!って盛り上がった事があった。名前だけはみんなで決めていた。ヴァンプアップ!(^_-) 懐かしい。
「本当はリタイヤしようと思っていた」といきなり上田節が炸裂。
昨年お会いした時には「釣り三昧の日々」ともうそぶいてましたが、私はそんなはずないやろーと思っていました。
それにしても澤田氏の起用は驚き。
写真では1番左側(スマップの会見時の中居君と同じ下座)に大人しくされてますが、これからガンガン暴れてほしい。
ファミマの現専務さんあたりは忸怩たる思いがあるだろうから、そこが最初の課題ですかね。
澤田さんのこれまでをまとめたイノベーターズライフはこちら。ぜひあらためて読んでください!
https://m.newspicks.com/news/895613/
これは少しは期待できるかもしれない。
弊社の社外取締役でもある澤田さん。

以前、弊社のイベントで「組織を変革するに大事なのは一つだけ。とにかく経営者が本気でやることだ!」と熱く語られていたのが印象的です。
澤田氏、玉塚氏、どちらもお会いしたことが何回かあるが、二人とも明るいのが印象的。好敵手同志、丁々発止の戦いを繰り広げてもらいたい。しかし、セブンは強敵、そう簡単には追いつけそうもないだけに、もしかしたら、一緒になった方がいいかもしれない。
澤田さんが端にいるのが気になるが、頑張って下さい。期待しています。
成功してほしい人事。もちろんセブンはとても強い。ただ、トップレベルの人事で、統合時の外部招集って過去あっただろうか?どんなレベルでも、もっと人財の流動性が上がっていく必要があるし、様々な知見を積んだ多くの人財が流動しながら生え抜きの専門的な知見を持つ人と協業するほうが、経営課題への対処能力ははるかに強いと思う。
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.18 兆円

業績