新着Pick
764Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランザクションコストが劇的に下がる。全銀ネットもCAFISもぜーんぶ入れ替えると、ほぼリアルタイムで個々人の口座から振込みなどが出来るが、実はビットコインで事足りる。そう銀行業は存亡の危機に晒されている。本質的にはもう必要ない。だから頭のいい中の人は焦ってる。
邦銀もようやくブロックチェーン技術を用いた仮想通貨を開発しだしました。
欧米の銀行は既に先行しています。
是非とも頑張って欲しいと思います。
まずSBIくらいしかブロックチェーンに取り組んでいなかったと思っていたので素直に驚きです!メガバンクがこう言った行動を取れるのは嬉しく思います!早くフィンテックが生活に根付く社会になってほしいです。ただ世界基準で見ると日本は出遅れているのでこれを皮切りに、ブロックチェーンを証券システム、証明書システム、スマートコントラクト、マイナンバーシステム、選挙投票システムなどに応用していって欲しいですね!

そしてもう一つ面白いのが独自の仮想通貨を開発しようとしているところ。これがどう言った形でユーザーに提供されるのかは、はっきりと想像がつきませんが面白い挑戦だと思います。


またブロックチェーンについてもまとめてみました。

【ブロックチェーンとは】
ブロックチェーンとはBitcoinの根幹にあたる技術で分散型ネットワークを持ち、かつ仕組み上絶対的安全が保障されているという優れた技術。

【金融システムに応用】
今世界の金融機関ではビットコインからブロックチェーン技術のみを取り出して金融システムに応用することを目指している。すると
1.システムが絶対落ちない
2.10分の1まで下がるほどの劇的コスト削減
3.内部からの改ざん不可能
4.高度なセキュリティ
という劇的なメリットを得られるようになる。

【従来システム】
ところで現在の金融システム維持には莫大なコストがかかってしまう。その理由は2つある。
1つ目は複雑なトランザクション処理を必要とすること
2つ目は中央集権的であるためバックアップが必要
以上よりブロックチェーンを導入するだけで大幅なコスト削減につながり、ユーザーはその分を「送金手数料無料」などの形で恩恵を受けることになる。

【カスタマイズ可】
ブロックチェーンを導入すると言っても、何もビットコインのように自社の金融システムが全世界に公開されるわけではない。自分好みにカスタマイズできる。プライベートチェーンと呼ばれる、運用側がクローズドな範囲内で使えるシステムを使えばそれが可能になる。

今回の報道によれば独自の暗号通貨を組み込む予定だとか。もちろん本来なら既にコストダウンという大きな恩恵が得られるため暗号通貨を導入しなくても問題ない。が、あえて導入することで消費者にも暗号通貨サービスを開放して便利にお金のやり取りをしてもらおうという事かもしれない。
変な金融商品の開発じゃないだけマシだけど、この銀行には、昔、24時間入れますがセキュリティは万全とうたって、実際にはツタヤのカードでも入れるって写真週刊誌に暴かれた過去があります。本当に安心して使える仮想通貨を開発できるかは疑問です。
早かろうが遅かろうがとりあえずやらないよりはやったやった方がましでしょう。これで大手他行も追随するかと思います。ブロックチェーンは技術としては確立されていますが、実用化となるとまだまだ改良の余地が大きいので安全面には十分配慮する必要はありますが、欧米の金融機関は先行しているので手を出さないわけにもいかないでしょう。とくにマイナス金利で収益圧迫が避けがたい現状であればなおのことです。
この分野、意外と三菱UFJが身軽に動いていますね
この記事でも書いた「メガバンクでしかも一番固いスリーダイヤだと、、、という先入観を覆す取り組み」に近い感じで期待
https://newspicks.com/news/1366625
あとは、開発したものをどこまで本当に活用するかでハードルはありそうですが
行内だけなら資金移動は全部仮想通貨でやりとりして、最後に仮想通貨→法定通貨にかえればよい。日本に限らず欧米銀でも、最初は行内取引やロイヤリティでブロックチェーンのテストをして、うまくいきそうな場合はインターバンク取引、B2Cに適用範囲を広げるはず
UFJがこの領域に着手しだした事が非常に良い動きかなと思います。銀行のシステムインフラ投資は非常に膨大な費用がかかっている領域です。この部分がセキュアでかつコストを大幅に削減できるのであれば相当なイノベーションである気がします。
今日この記事を書いた記者の方とじっくりお話をする機会があった。丁寧な取材があって書かれた記事だということがよくわかって、流石は日本の新聞。こういうとこともまだまだ健在なんだと実感。前にも書いたが日本の新聞の強みは紙媒体とチャネルにはもうなくて、記者の取材力にある。そのことを改めて思うことともなった。

newspicksの役割も大きくて、この記事が沢山ピックされた事が書いた記者さんの励みにもなっているとのこと。メディアの多様化が果たす役割ってあるなとも思った。
いいですね。動きが出てきた。
守勢側は、当局との制度の整合性調整、これまでの余剰利益の吐きだしで体力勝負の殲滅作戦。
となると、攻撃側のポイントは、「口座開設」の自由さになると思います。ここは最後まで免許業者は踏み込めないはず。
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.48 兆円

業績