新着Pick
275Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
小室さん、インタビューと記事制作ありがとうございます!

お声がけいただいた際、私でいいのかな...と少し迷いもありましたが、小室さんの丁寧なインタビューのおかげで辛かったことも悔しかったことも素直にお話しできました。

また、展開の多い私のキャリアをわかりやすくまとめていただき感謝しています。

みなさんの温かいコメントもあり朝から泣きそうになっています。
本当にありがとうございます。

次回はママコミュニティを法人化した理由や事業について記事にしていただいています。経営者としてまだまだなのでお恥ずかしい部分もありますが、引き続きお読みいただければ嬉しいです。
小室さん、素敵な記事をありがとうございます。
奥田さんのような方に就業支援をして頂けるなら、とても心強いなと思いました。

また、奥田さんの次の言葉は、働く女性の中では貴重だと思います。

「同僚の昇格の知らせを聞いたときは「おめでとう」と言いながらも本当はとても悔しかった。」

このように思う女性が会社の中でどれくらいいるか?
昇進が嫌で断る女性も多いと聞きます。

今後、ママになっても働きたいと思う女性が増える中で、様々な経験をされてきた奥田さんをロールモデルにされる方は多いのではないでしょうか。ただ、これからは一人をロールモデルとするよりも、「この部分ではこんな感じになりたい」という人が何人か漠然といて、その内の一人として奥田さんは深く影響するのではと思います。
等身大の率直なインタビュー。大小はあれ、同じような悩みを抱えている人は多いはず。是非、多くの方々に読んで欲しい。
夫の転勤に付いていく妻は本当に大変だと思います。

昔、長銀高松支店にいたころ、社宅内での奥様たちのお付き合いが大変だという話を何度も耳にしました。
かといって、他に知り合いもなかなかできないようですし。
ママ友関係も難しい人たちがいると大変だそうです。

これからの連載、楽しみにしています!!
今日のNPで一番のオリジナル記事!私の場合も自分の転職に妻についてきてもらい、妻にとって土地勘のない場所で出産、育児をしています。昨日のNHKの特集とあわせて考えさせられます。

最後の空の写真、本当に綺麗ですね。連載楽しみにしています。
これはいいインタビューですねぇ。
自分から一歩踏み出せる人の前には、どんな業種であれ、ちゃんと道は開けるんだなぁと、勇気をもらえました。
いつもながらクオリティの高い記事ですね。こんなに転勤に巻き込まれてキャリアと人間関係を断絶させながらも、今がある。次回が起業編ですね。楽しみです。
読んでいて引き込まれてしまう記事でした。

続きが楽しみです。
とても共感できるインタビュー記事です。何だか育休の頃を懐かしく思い出していました。
マタニティスイミングで臨月は安産のために体を鍛えたり。出産後はベビービクスやベビースイミングで親子と一緒に体を動かす。ベビーカーでお散歩したり、子育てサロンで色んなママ友と知り合ったり。日々の子供の成長が眩しい本当に幸せな日々だったと思います(*^^*)

「子供が1歳になるとママ友は次々と職場復帰していきました。一方、私には戻る場所がなく…忘れていたキャリアへの未練がよみがえりました。」
➡一般的に仕事が面白くなってくる働き盛りに出産のため一時的にキャリアを中断する必要があります。また、出産後仕事をしたいと思っても、元の仕事に戻るのも状況が変わりすぎていて一苦労。更に新たな仕事を探すのはその何倍も勇気が必要だと思います。私の場合は一人目の復帰は不安だけで、辞めたい気持ちで一杯でした。このまま夢のような時間が過ぎていけばいいのになと思っていました。反対に二人目は慣れている面心の余裕もあり、不安より楽しみが勝りました。

女性の悩みは人それぞれである人の成功例がそのまま効果をもたらすかどうかは難しいところ。でも間違えなく言えることは、キャリアの中断をピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかでその後は180度変わってくるということ。

育休が限られた時間だと認識し、その時にしか出来ないことを思う存分楽しむ。後からやっておけばよかったと後悔しても可愛い赤ちゃんの頃は戻ってきません。

また、仕事は煮詰まることもあります。出産のためにお休みを頂けるのなら、少しでも成長して復帰できる様、特に仕事をしていると出来ない社会勉強をすると良いと思います。

ピンチをチャンスに変えた奥田さんは見本のような素敵なママさんですね(^o^)/見習いたいと思います!
ママソラの奥田さんには、NewsPicksつながりでご縁を頂いて何度かお話させて頂きましたが、記事の印象に違わず、いえ記事の印象以上に素敵な方です。

自分自身を「どこにでもいる普通の女子大生だった。こんな私でもできるんだから、起業も社長も、やってさえ見れば誰でもできます!」と笑顔で一切嫌味なくおっしゃるあたりが、奥田さんが愛される理由なんだろうなぁと。応援してます!