新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
甘利大臣辞任を受けての最新内閣支持率調査、世間ではあれが「潔かった」と認知されてるということか。驚きだね。
自民党支持者は、これが本当に政権を支持しているのではなく、野党の受け皿がますます薄くなっている敵失に過ぎないと身構えたほうがいい。
野党支持者は、閣僚の不祥事にはしゃいで国会を止めたり国政を停滞させたりしていると、政権支持率がもっと上がると危機感を持つほうがいい。
凄いね。抜群の安定感だ。平和安全法制後にV字回復だ。左派系の新聞である毎日新聞で、支持率50%を超えたのは大きい。↓

「安倍内閣の支持率は51%で、昨年12月の前回調査から8ポイント上昇した。支持率が5割を超えたのは2014年3月調査以来。不支持率は30%と前回より7ポイント低下した。」
第一次安倍内閣との違いは、景気浮揚に確実に貢献していることもあるが、悲しいかな閣僚の不祥事対応がこなれた点ですね。

さて、難題満載。明日からの国会審議が有益な形で進みますように。
予想通り。内閣支持率と一閣僚の問題はそもそも直結するべきでは無いし、かつ、早期の辞任が支持率悪化を食い止めたんだろう。
頑強ですね。CIAは歯嚙みしてるでしょう。大手メディアの統制も効いてますね。殉職した甘利氏は国士だワン。
甘利氏の辞任は当然だと思いますが、安倍政権への支持率が落ちないのは、ひとえに危機的状況にある国際環境のおかげではないでしょうか。
国民一人ひとりの「安全保障」に対する意識が高まり、日本を守れる政権の大切さを知ったことでしょうね。
また、「日本の主張を国際社会に、しっかりと発信していける政権」という評価が定着したことの表れでしょう。
甘利氏問題だけに問題が当たりがちだが、年始からの株価の大幅下落も乗り切ったことになる。保守層からの固定支持をガッチリ抑えている感がある。

支持率を見る限り、野党はスピード感がなく追及もほとんど効果なく、国会運営も与党の独壇場だな…厳しい。
上がったのはビックリだ。これが産経の数字だったらまぁそういうものだと受け止めるが、毎日だから余計ビックリ。外交でしっかりポイント稼げるのが安部政権の強みだね。これでよそ見せずに経済に専念してくれたらな。
まあそうなるわな。こんな問題ぶっちゃけどーだっていい