新着Pick
368Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
やっぱり最初はゲームと映画系になると思うね。
人気 Picker
VR自体は技術なので、これで生活の何がどう良くなるのか。技術ありきのサービスになりがちなこの分野で、アップルらしいジャンプを期待します。
同じ報道が何度もなされていますね。
予想としてはマイクロソフトのホロレンズみたいなVR+ARみたいな組み合わせで、単純なVR機器にならない、そこでMetaio社買収の意味がでてくる、と。
何にしてもVRは次世代のプラットフォームとして、Apple、Google、Facebook、Microsoft皆が狙っているのでしょう。

そこで最強のPlayStationVR、となったら面白いですし可能性はあるので後は戦い方だけ。
VRの将来性を考えると必然の流れですよね。
新たなプラットホームになる可能性の高いVR。
アップル以外の各社が既に着手していることでしょう。

車よりはよほど現実味があります(^^;)
Apple CarなんかよりもよっぽどAppleがやる必然性もあるし、明確なイメージを持てる。iPhoneがそうであったように「流行らねーよ」という批判は無視して、ユーザーに最高の体験を提供するために必要なことすべてを、シンプルに注力頂けたら嬉しいですね。
ジョブズいなくなったからあんま期待してない
先日のティム・クックの会見でもVRに興味を示していたし、アップルのような企業がVRになにも動いていないという方が考えにくい。他者が先行しているだけに「One more thing・・・」でサプライズを期待したい。
アップルカーといい、アップルVRといい、
どれも、誰かの「後追い」。
そして、「なぜいま、アップルがやらなければならないのか?」という、
根本的な疑問が残る。
他社との差別化ができるとすると、実店舗「ストア」での顧客サービス体制。
VRをやるなら、実店舗のようなサービスをするVR店舗を展開するとか、
そういった方向しか、(現状では)アップルの進む道は、残っていないように思えてならない。
Appleほどの規模の会社であれば、むしろ研究していないほうが、「大丈夫か」と思ってしまいますが、やはりまだAppleの神通力は健在なので、プロダクトまで落とし込んできた時には楽しみですね。
この報道自体は最近何回か見ましたね。どういうルートで漏れるのか分かりませんが、ここまで報道があるからには、そろそろ何か出てくるという感じでしょうか。
それにしても、VR=HMDが定着しそうですね。研究者としては言葉の使い方に注意が必要な感じになってきました。
ゲーム以外の応用先を発掘するのが大切だと思います。旅行、恋愛、会話など現在オフラインで行っていることの安価版あたりになるのかな。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
57.0 兆円

業績