新着Pick
458Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Kato Junさん、ヘッドアップありがとうございます。
日銀のステートメントでは、銀行に影響ないようにとされていますが、影響ないわけがないです。
これをきっかけに全国的に預金口座維持手数料が一般化されないと、地銀に限らずきついです。
特に、ゆうちょ銀行は収益構造が市場金利に左右されやすく最も影響を受ける銀行のひとつです。
やれやれ。
もちろん、こういう声が上がることは事前に当然わかっていただろうし、何より預金金利がもっと下がって円安が進み、郵政三社の株価が急落して、高齢者中心に資産目減りさせる事も厭わず緩和継続姿勢を示した黒田さんは官僚に似合わない胆力の持ち主。どうしてこうした人物になったか興味ある。
ハチ公さんのコメント参照。今日の動きは、まさにREIT指数が上がっていた。金利や銀行経営については、昨年8月の下記野崎さんの記事は必見。マイナス金利導入した今だからこそ、改めて読みたい。
https://newspicks.com/news/1113000/body/
金融機関の関係者はマイナス金利に批判的、懐疑的ですが、これがその理由なんでしょうか?

デフレで国民は圧迫されてきました。金融政策は金融機関の利益のためにあるわけではありません。
利鞘が縮小してもアブナイ先に貸して「貸し倒れ」になっては元も子もない。
必然的に、銀行はフィー(手数料)ビジネスに力を入れることになります。

間違っても、お勧めの投信などは買わないよう気を付けましょう。
手数料の高い商品は顧客にとっては嬉しくない商品です(^^;)

また、一般顧客の口座管理手数料導入に全銀協が動き出すと予想されます。
かつて、東京三菱の時代でしたっけ?
導入していましたよね。
だけど、この「利益」は日銀・政府がタダで銀行に寄与していたものなので、経済社会において付加価値を創造した対価ではない。そもそもリアルな収入であったかは疑問。銀行の本来の存在意義である信用創造は、こんなものではない。原点回帰の良いきっかけになることに期待。
お気の毒だが、地銀再編の促進と効率化が進むとすれば怪我の功名ですかね
マイナス金利導入は銀行の収益にとって悪影響となることは事前からわかっていたことでしょうし、それでも日銀が踏み切ったことが驚きとしか言いようがありません。市場の反応も案の定銀行株の一人負けでしたし。黒田総裁は会見で” マクロ経済が改善されれば将来的には金融機関の経営にもプラス”とおっしゃっていますが、個人的には実効性は疑わしいと思います。金融政策だけでマクロ経済の改善を図るのは現状では不可能でしょう。一足早くマイナス金利を導入しているEUの経済情勢を見てもこれは明らかかと・・・。
まあつまりもっと頭を使って仕事しろよってことだよね
日銀当座預金へのマイナス金利。
銀行は小口預金口座維持手数料を導入。
シニア預金者は置いておくだけで、お金が減ることを避けたい。

シナリオ1:自宅の修繕などにでも使おうか。
シナリオ2:小口ならタンス預金で、家に置いておこうか。
シナリオ3:ならばETFでも買っておこうか。
シナリオ4:FXでレバレッジ1倍でドル運用するか。

シナリオ1がどれだけ発生するかですな。