新着Pick

東京圏への人口集中続く 11万9357人の転入超過

朝日新聞デジタル
2015年1年間の人口移動について、転入が転出より多かった都道府県は、東京、神奈川、福岡、大阪など8都府県だったことが29日、分かった。東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)は11万9357人の転入超過…
418Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京圏への転入超過は20年連続。一方、名古屋圏と大阪圏は転出超過との事。東京圏への一極集中が際立ちます。都道府県別では、沖縄が転入超過に転じたのは興味深い傾向。
いいね。どんどん集中して効率を上げるべきだ
よく言えば、世界最大のコンパクトシティでもある東京市。これはもはや重力のようなもので、一極集中をいかに批判しても止められるものではない。

この重力を前提として考えた上で、どうしたらみんなが快適に生活ができるかハード・ソフトを設計した方がよほど健全な気がします。
出来うるかぎり早く、地方に住民税率の決定権を与えるべき。
可能ならもう少し所得に対する税の住民税の比率を引き上げた上で。
後は、法人税も働く従業員の人数別に納付するようにし、同様に各々税率の決定権を地方に移転すれば、税率を下げた地方はあっという間に人口増大させられると思います。
そもそも本来はIT系なんかはかなり地方に移しやすいんです。でも単に家賃が安い程度では採用コストや分散によるコスト増大をうめられません。
一極集中により、住みやすくなる部分も大きいですが、やはり子育てを考えると寒暖サンタ 【NORA】さんは言われる通りで、マイナスです。
地方への分散を即すなら、税率が一番手っ取り早いと思います。
人口の動きそのものは、どうすることもできない。一方で、地元に帰るたびに、ひと昔前にくらべて確実に、いわゆる都会のものが増えてきていると感じます。2014年になって初めてセブンが進出、他にも牛丼屋やニトリができたり、など。チェーン店でも地域戦略を行う企業は増えていますし、均質化をするのではなくそれぞれの地域にあった発展をしていけばいいのだろうと思います。
火山国ゆえの自然災害リスクに加えて、テロの脅威が高まっていることを踏まえると、これだけの人口、政府機能、民間企業が過密に集積していることはクレイジーだとの意見も見聞するワン。
地域間の経済格差の是正に加えて、リスク管理という視点からも地方創生は重要テーマ。
東京在住の人は、まずは「ふるさと納税」から始めましょう。ワン。
東京圏への人口集中が続いている。所得税が都会でも田舎でも同じで、仕事が田舎では少ないのでこの傾向は今後とも続く。地方では過疎化がどんどん進むことになり、リゾートなども消えてゆくだろう。それぞれの地方で仕事をつくる努力が必要であると思うが、国として地方における産業創出、都会と地方の税に差をつけるとか、人口配置計画のようなものが必要ではないか。
一極集中が進んでいるのは世界的な傾向。止めようとして止められるものではない。
都市問題の第一人者であるPWCの野田由美子さんが書いた、『都市輸出―都市ソリューションが拓く未来』という本があります。
ここに詳しく書かれていますが、日本では未だに東京一極集中の是非が議論されていますが、都市化の流れは世界的に見られる傾向です。そこには経済が成熟してサービス産業化する中で、必然的に都市に人口が流入し、そこで更なる価値創造が行われるという正の循環が強く働いています。
これは、地方をないがしろにするという意味ではなく、都市を形成するクリエイティブクラスが世界の都市をコネクトし、そこに大きなネットワークが形成されているという現実を見据えて、むしろ都市活動を積極的に後押しすることが、国の発展にプラスに働くということを意味しています。
ですから、「東京圏への人口集中続く」というタイトルは、当たり前過ぎて、余り意味があるとは思えませんでした。
景気が良くなれば首都圏に集まります。これは戦後一貫しています。減るのは地方ですが、地方も出す人がいなくなりましたから、有効求人倍率があがったのです。あとは外国人しかいないでしょう