takeuchi3

ハーバード・ビジネススクール 竹内弘高教授(第3回)

ハーバードの学生に人気の「インサイド・アウト」の授業

2016/1/29
日本人で唯一、ハーバード大学経営大学院で教授を務める竹内弘高氏は、いかにして名門へ至ったのか。多くの学生団体の支援を行う横山匡氏(アゴス・ジャパン)が、その半生を聞く。

ハーバードにおける実践重視

横山:1983年から2010年まで所属した一橋大学を退職後、再びハーバード・ビジネススクールに呼び戻されました。最近ハーバードは、実践を重視する授業を始めているそうですね。

竹内:約100年間、ケース・スタディーしかやっていなかったのが、フィールド・スタディーを重視するようになりました。必修科目として、海外に1学年の900人全員を行かせるという画期的なプログラムです。

主として発展途上国の会社に5〜6人のチームを送り、その会社の立て直しをする。これが1年目の必修プログラム。

そして2年目には、IXP(Immersion Experience Program)という選択授業がある。イマージョンというのは「どっぷり漬かる」という意味です。

始まったのは東日本大震災翌年の2012年のことで、日本、中国、ブラジル、インドなどに、1月の休みの期間に2週間行くというものです。

学生が東北を訪れ、震災のときに初動が早かった企業をその年は4社取り上げました。ファーストリテイリング、ローソン、石巻港湾病院、ヤマト運輸です。トップの方にインタビューして、学生がケースを書く。

学生たちは感動して、同じようなことが起きたときに企業がどう行動すべきか、ロールモデルを記録に残す取り組みをしました。

最近では東北の起業家や会社への助言を始めています。たとえばサンマを売る商店に対して、アメリカで売るサポートをできないかといったことです。今年は酒蔵など、8社に携わりました。

竹内弘高(たけうち・ひろたか) 1946年東京都出身。横浜のインターナショナルスクールから国際基督教大学に入学。マッキャン・エリクソン博報堂で1年半働いたあとに渡米し、1971年に米カリフォルニア大学バークレー校で経営学修士、1977年に博士号を取得。ハーバード・ビジネススクールで7年間勤め、娘の教育のために帰国して一橋大学へ。一橋大学を定年退職後、再びハーバード・ビジネススクールから声がかかって2010年に同校の教授に就任。ファーストリテイリングを経営する柳井正氏のパーソナルアドバイザーも務めている

竹内弘高(たけうち・ひろたか)
1946年東京都出身。横浜のインターナショナルスクールから国際基督教大学に入学。マッキャン・エリクソン博報堂で1年半働いたあとに渡米し、1971年に米カリフォルニア大学バークレー校で経営学修士、1977年に博士号を取得。ハーバード・ビジネススクールで7年間勤め、娘の教育のために帰国して一橋大学へ。一橋大学を定年退職後、再びハーバード・ビジネススクールから声がかかって2010年に同校の教授に就任。ファーストリテイリングを経営する柳井正氏のパーソナルアドバイザーも務めている

インサイド・アウトの発想

横山:今、ハーバードでどんな授業を受け持っているのでしょうか。