新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日の編集部によるエムスリー特集、①ではMR君の担当部長のインタビューだが、コメント合わせて読んでほしい。MR君以外のセグメントが成長ドライバーになっているのは知っていた(②)を見ると明白、減収とまでなるとは。要因が一部メーカーの離反だけでなく、報酬体系の変更もあるようではあるが。
https://newspicks.com/news/1290081
https://newspicks.com/news/1288223
次のメシの種がなければ心配するだろうけど、治験や海外事業で継続して成長出来る素地はすでにあるので、特段心配していない。MR君に関しては4Qから二桁成長に戻す自信があるそうで、まずはそれを見てみようかと思います。PER75倍についてはFacebookにも言えることで、ストックオプションをバンバン出してない分、M3の方が利益の質は高い。
先日のエムスリー特集にあったように、MR君は成熟なので、事業ポートフォリオ的にはいわゆる「キャッシュカウ」でしょうから多少売り上げが下がっても、少ない労力で効率的に儲ける方向を模索中なんでしょうね
ただ、医者の方のコメントがある通り、ユーザーである医者に負担がかかる方向の改悪などトップだからこその強気の姿勢だとすると、競合の付け入る隙になるのかもしれません
固定報酬→成功報酬への転換とはリスクとりますね。要は顧客と一緒にリスクを分担するモデル。「当たればでかい」ということになるのでしょう。
飛ぶ鳥を落とす勢いのエムスリーですが、主力サービスの「MR君」の成長に陰りが見えてきているとのこと。今後のサービスの展開に注視したい。
MR君は医師でないと使えないので実際に改悪なのかどうかはわからないが、ほぼ全医師の情報を持っているというのはあまりにも強すぎる。競合の参入は相当難しいのでは。
今から積極的に次世代の収益形態の模索が進んでいるのは企業として素晴らしいこと。これがエムスリーの強さの源泉なのかもな。ただ初と言って良いかもしれない、成長に曇りを感じるマイナスニュース。どう乗り切るのか、楽しみ。
エムスリー株式会社(英語: M3, Inc.)は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業である。ソニー株式会社の関係会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.90 兆円

業績