新着Pick
431Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
批判はあるかもしんないけど、着実に成長しているIT企業。
それだけでも凄いと思うんだよなぁ。今の日本国内だけで考えたら驚異的だと思うよ。
人気 Picker
すごい成長率ではあるが、もっと規模が大きいFBの直近四半期は、前年比+51.7%の増収(①)。あと成長率は規模が大きくなるほど小さくなるが、増収幅が減少している点はポイント。成長していることは間違いないしすごいのだが、市場期待(まぁそもそも上場していないが)は少し下がっている気がする。
なお、②が2014年通期業績。グローバルのMAUは1.81億人⇒2.15億人と成長が大きく鈍化。
ちなみに韓国Naverの株価は、本日-5%超。
https://newspicks.com/news/1366724?ref=user_100438
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/914
※他記事からコメント転載
LINEとは比較にならない規模のユーザーを誇るWhatsappをほとんどマネタイズしていないと考えると、FBの今日の決算がより凄まじいものであると感じます。
FacebookといいLINEといい、スゴイですね!

両者に共通するのは、分野ナンバーワンでありスタンダードになっていることでしょう。
こういうビジネスは、一定人数を取り込むことが最大の課題なのでしょうね。
一定人数を獲得してシェアナンバーワンになれば、後は雪だるま式に増加していくという仕組みでしょうか。
まだまだ伸びるだろうね。ただ世界的な統合の動きは出てくるような気がする。twitterあたりと一緒になるとそれはそれで面白い。
News PicksのLINEスタンプ作ったら使われるのではないでしょうか。
「likes きたー」 「likes うれしー」
「likes こない、、、」「likes ありがとう!」
「ランキング変わらねー」
「ランキング入りたい」
「likes 100きたー!!」
「またNews Picks見ちゃってる」
「またプロピッカーばっかりだよ」
「+フォロー!!」「はい、ミュートー!!」
「匿名ピッカー」「お、フォローされたー」
「運営頼むよー」「Pick〜」
「寝ないと、、、」「眠い、、、」
「トイレでNews Picksー」「電車でpick」
「運転中はpick禁止ー」「昼休みにチェックー」
「News Picks楽しー♪」
「24時間ランキングきたー」

こんな感じですかね。

LINEもFacebookも日常のつながりを強くするものです。
だからこそ、多くの人に使われるのでしょう。
スタンプも、メールの時には気持ちは伝わらないと言われていたものを見事に気持ちを、感情を伝える工夫をしています。
けれども人は、同じものでは飽きてきます。
それをスタンプを増やしていくことで、飽きさせていません。

ゲームに関しては、課金すればするほど依存に陥るリスクはあるので、子供だけでなく、1日の制限を作ってもらいたいところです。
実感として、周りの人の多くが課金していないのではないでしょうか。
一部の人がものすごく、1ヶ月で何十万円も課金しているということです。

News Picksにはまるのと同じです。
News Picksは新しい知識を得ること、コメントの楽しさ、likeがついた嬉しさ、誰かとの競争、そういうことが、またやりたい、軽い依存なわけです。
けれどもNews Picksは定額の課金のみ。
そこが、LINEのゲームとの違いです。

課金をして、強くなれば、
News Picksでのユーザーランキングに入ったような刺激を得られます。
しかも簡単に。
日々のコメントを繰り返すことなく、簡単にユーザーランキングに入れます。
自分が堀江さんに勝ってるような感覚を得れます。
けれども、また誰かが課金して負けてしまい、また課金したくなる。

そうやって、どんどん課金してしまい、依存を形成してしまうのです。
インドネシアなど人口を多く抱える東南アジア諸国での拡大を見ると、まだ成長が続きそうですね。それにしても売上40%増はこの規模で驚異。しかも収益源が分散されているところも単なるスマホゲームの会社のようにギャンブルになってない構造も凄いな。
LINEの2015年通期売上は1207億円。前年比40%増。まだまだ成長している。規模と成長率の関係が今後は気になります。
メッセージアプリはいかにしてその国でインフラになるかが重要なのかがわかる。
普通にこういうニュースを聞くと、我が業界の迫力の無さを嘆くとともに、もっと頑張らねばと気合がはいります。
LINEゲームで課金利用している人が、こんなに多いとは驚き。

業績