新着Pick
408Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
完全に勝ちパターンに入っているし新規投資やM&Aも積極的。しかもマークザッカーバーグは若い。可能性は現時点ではものすごく低いけどザッカーバーグの離婚リスクくらいかなあ。仮に財産分与とかの事態になったとして種類株の扱いってどーなるんかなー。
売上が前年比で50%以上増えて、費用削減も進み純利益が倍以上となった素晴らしい決算内容。時間外取引で9%以上も上げています。欧米メディアではザッカーバーグが2ヶ月の育休を取っていたけど、堂々と復帰できると報じています。
数年前にモバイルのトップとしてグーグルから入社し、今や大幹部になったジョン・ラーゲリン氏は実は新入社員でドコモに入り、iモードのチームにいた日本語ぺらぺらのスウェーデン人。マーク・ザッカーバーグは人遣いもうまいみたい。
未だにDAUが伸び続けているのが凄いな。そろそろ流石にDAUが鈍化してくると思うけど、それでも北米以外のARPUをあげる余地はまだ大きいので、業績はまだ暫く好調を維持しそう。この他にインスタとワッツアップがあり、その先にオキュラスも持っている今のフェイスブックは強すぎですね。
KPIはマーケットハックさんが綺麗に纏めてくれています
http://markethack.net/archives/51996913.html
ただでさえ大きな売上が1.5倍で純利益が倍以上!
すごいですねー(*^_^*)

まだまだサイバー世界はチャンスが一杯だと思います。
「こういうことができないかな?」と考えるだけでもワクワクしますね。
数値は下記の方がくわしいが、非常に好調。
タイムライン改善をしてから、高頻度で広告コンテンツを表示するようになったものの、そこまでやらしくないのがマネタイズ成功のポイントかと。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/28/news059.html
絶好調。まだまだ真面目にマネタイズしてない巨大メディアを抱えてることを考えるとすごいポテンシャル。モバイルシフトが進めば立派なモバイル銘柄。先日のアップルの成長が止まったニュースと合わせると、モバイルでも端末・OSレイヤーから、コンテンツ・アプリケーションレイヤーに本格的に付加価値がシフトしていくタイミングと理解すべきでしょうね
250万社と言われる広告主の裾野広さでスモールクライアントを取り込みながら動画広告で巨大ブランドも代理店とうまくパートナー組みながらテレビから予算を奪取。あのGoogleでさえブランド広告獲得には苦戦しているというのに。
さらには一昨日発表されたアプリ以外のモバイルウェブへのアドネットワーク進出。順調過ぎて恐ろしい。当面敵なし。
Facebook、伸びが着実。地域別DAUでは、欧米はすでに定着しているのでほとんど変わらず、アジア・その他(≒新興国中心)で引き続き伸びている。ベトナムでも、皆使っている印象(Twitterは規制されているのかVPN使わないと入れない)。
個人的には、昨日発表された下記が気になっている。繰り返すが、Googleとの戦い。
https://newspicks.com/news/1364882?ref=user_100438

※下記記事からの転載コメント、下記だとDAUグラフもあって分かりやすい
https://newspicks.com/news/1366704?ref=user_100438
Facebookのモバイル広告が絶好調。DAU/MAUも順調に伸びていて、モバイルでの広告売上高は広告売上高全体の約80%を占めた。前期より2ポイント増えたとのこと。
一時期モバイルシフトに遅れを取っていたFacebookだが、完全にモバイルファースト化に成功したなぁ。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
55.4 兆円

業績