三菱UFJのキーマンは言う。「脅威はグーグルの銀行進出」

2016/1/28
ここまでフィンテックのさまざまな領域のプレーヤー、そして規制の問題を見てきた。特集の最後では、そうした前提のもと、現在メガバンクが考えていることをあぶり出す。前編は、「MUFG Fintech アクセラレータ」を設立するなど、国内の銀行でいち早くフィンテックの動きに対応している三菱UFJフィナンシャル・グループ。行内のフィンテックへの取り組みを一手に担う、シニアアナリスト・藤井達人氏に聞いた。
銀行内のデータだけでは足りない
──フィンテックの中で注目している領域は?
藤井 多様な領域の中でも、ビッグデータを活用したレンディング(融資)と、ロボアドバイザーと呼ばれるAI(人工知能)を使った資産運用領域には、特に注目しています。
まずは融資領域についてお話しします。