新着Pick
184Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
SNSなどのサービスでは、言論の自由や倫理観など定期的に話題になりますが、企業が提供するサービスについては、前提としてビジネスでやっているものなのだから、基本的には提供者側の方針に基いて運営されるべきでしょう。その方針が明確で一貫性のあるものであれば、そこで発生する全ての事象に根拠を見いだせる。それがユーザー側の納得感や信頼、サービスのブランドなどにつながる。
リソースが無限にあるわけではなく、システムでの対応にも限界がある。ユーザー数は増える。選択と集中。
過激な発言に対する嫌悪感と表現の自由との対立ですね。

いずれにしても、プラットホームを提供しているFacebookの意向次第でしょう。
Facebookによって言論を規制されたとしても、他の場所で発言すればいいので表現の自由弾圧とはいえないのは明白です。

個人的には、実名サイトであるFacebook上ではある程度過激な発言も許容されてもいいと考えます。
発言主体がわかっているので、「あくまでその人の意見」だということが明確だからです。
いずれにしても、最終的には会社の判断に委ねるしかありません。
無料で利用させてもらっている我々一般ユーザーは、ルールに従うのみです。
NewsPicksもそのうち、過激発言を取り締まるようになるんですかね。過激発言を野放しにすると、他の方が自由に発言しづらい空気になるので、「自由すぎて不自由」な言論空間になる。「適度に不自由」な方が、結果的にみんながのびのび発言できて、自由な言論空間になる。「誰にとって自由で、誰にとって不自由か」バランスが非常に難しいですね。
【追記】
タイムリーなことに、本日NewsPicksで結果的に過激発言を取り締まる手段としてポリシー変更をしましたね。
実名でも過激コメントする方はいるので、ここに対してもぜひ打ち手を打って頂きたいところ。
歓迎したい。シェリル・サンドバーグ氏は、ダボス会議に参加した後にベルリンに行き、本件発表した。ダボスに行くと、社会的インクルーシブという概念と、道義的ビジネスのあり方を徹底的に議論する。

新興系のフェースブックが、良きコーポレイトシティズンとしての振る舞いを行うことはとても重要だ。
15億人が日常的に利用するFBがどのような判断するのか、今後世界展開を目指すITサービスにとって指針となりそう。
言論について考えてはじめているFacebookはもう国ですね
自然言語処理では判断が付きにくいので、目視で判断するのでしょうか。
これは必要、でも線引き難しい…
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
53.2 兆円

業績