新着Pick
519Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マイブーム」、「ゆるキャラ」、「海女」、「シベ超」……etc.世にあまたのブームを起こしてきたみうらじゅん氏。氏は自身の仕事のやり方を、「一人電通式」だと形容なさいます。”本家本元”の電通のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの樋口景一氏は「一人電通式」についてどう思われるのか? そんな素朴な疑問から企画した対談です。すると、お二人のご意見は噛み合ないようで噛み合って……。

・お二人ともこの世に「ない仕事」を作り続けてきました。その発想や着眼について
・「やりたいことだけをやっている」と世間に誤解されていることについて
・ブームの仕掛人が語る、ブームというものの正体とは?
・2016年におきそうなブームとは?

などについて、議論が盛り上がります。
是非5回通しで、お読みくださいませ。
樋口君が何を言うかとても楽しみ。
電通の同期で最初の配属先も同じフロアで、その時から早くも20年が過ぎた。こうやって対談していたり、テレビによく出ていたり、本を書いていたり、世の中で発信する立場になっている同期がが何人も生まれていて、見るたびに時間が経ったのだなと思ってしまう。
私たちの何かが変わっているわけじゃなくて、経験と人が掛け合わされて、そこに決定力が足されるのだな…という公式的なものをよく思う今日このごろ。
博報堂の人の前では「一人博報堂」…笑。みうらじゅん大好き。
みうら氏の「一人電通式」は上手いワード。さすが、ブームの火付け役です。一方、電通は大企業でありながら、クリエイティブ系スタッフの個人のアイディアが核となり、それを組織力で展開していく。要は、個人のモノ・コトの捉え方によって、仕事が創造されていくことが共通していると思う。
その中でポイントなのは、両名が関心がない、好きではないことを扱ってブームを起こしている点で、それがクリエイターのプロフェッショナルなんだなぁと思いました。
とはいえ、電通といえども、万人がこのような敏腕クリエイターではないでしょうから、その場合は大人数によるブレストでモノ・コトの新しい捉え方・切口を見つけているのではないでしょうか?
実は、「やってもやっても嫌いな場合だってある」というマイブーム(笑)。いまや職業オタクなみうらじゅんさん。

とはいえ、コンプレックスが”こじれるタイプ”を頻繁に目にする中、プラスに活かされているのが勉強になりそう!!2016年に来る、暇ブームも気になります。
電通の方はどなたも、「自分が仕事を創る」という強い思いがありますね。(電通鬼十則「1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない」)
「欠点を肯定すること」これは人生を乗り切る最大のコツです。

人は男女問わず自分でルールを作って生きています。
それは家族、友人、先生から言われたことかもしれませんし、テレビや本からの影響かもしれません。
だらけてはいけない、嘘をついてはいけない、一回決めたら最後までやりきらなければいけない、大学に行かなければいけない、などなど

その誰かによって作られたルールを、破ってしまうと、自分はダメだとなり、

そんな自分が嫌い。
自分を好きではなくなります。

それを払拭しようと仕事をがんばったり、誰かを喜ばせたり、アルコールにはまったりします。

自分で作ったのでない、そのルールを一回見直してみることです。

確かに、欠点に見えるかもしれませんが、それは自分以外の誰かがやっていると、長所に見えたりします。

1日ボーっとして過ごして、休めている。
大学に行かずに起業。
始めた習い事をすぐやめて、他の習い事を無理やりお願いしてその習い事を楽しくしている。

そんな風に他の人がやっていたら、うまく回っていたり、羨ましかったりします。

ということは、その欠点は、認めてもいいのかもしれません。

その欠点はおそらく、全員ではないけれど、どこかの誰かにとっては共感を得られることです。

欠点を認めて、肯定して、それを活かすことです。


そして、異性から、欠点も含めてあなたが好き。

そう言われたら、おそらくイチコロです。

自分でまだ認めていない部分を、認められること、それはそんなことを言ってくれる人は他にいない、他の異性と違う、好きになる、好きになってしまう。

恋愛のコツでもあります。


自分の欠点を認めることは最初は難しいかもしれません。
けれど、きっと自分のその欠点はどうにかしたいと、思っているはずです。
どうにか変えるでなく、認めることがどこかのタイミングで必要です。
自分にできなくても、ものすごく自分では意識しているので、他の人のことは気付けたりします。
誰にでもそれをしていると、すぐ好きになられてしまうので、大切な人、好きな人の欠点を認めてあげて、その2人のパートナーシップの中で、徐々に自分の欠点を認めていけるようになるのが近道です。

そして、仕事や何かを作る上でも、欠点を認めてくれるサービス、これを人は求めています。
仕事のコツでもあります。
「一人電通」かぁ。みうらじゅんらしい、言い得て妙なワークスタイルだなぁ。これからは単能工よりも多能工の時代。つまり、個々人が「一人電通」として何かをプロデュースできる時代になってゆくのだろうな。
"ネタを考え、ネーミングし、デザインや見せ方を考えて、雑誌やテレビで発表、よりよく見えるようにマーケティングする。クリエイティブだけではなく戦略も営業もすべて1人で行うから「一人電通」――。"
俳優の田口トモロヲさんと、今はポパイで連載をしている、25年以上の長期連載の「ブロンソンならこう言うね」が大好きで、そこに電通の樋口さんが加わり、本物の電通と対談とは超楽しみ!
みうらじゅんさんの「ない仕事の作り方」はすごく面白かったです。
みうらさんの「売れない努力」というのが興味深いです。失礼ながら相変わらず胡散臭いともいえる独特の雰囲気を纏っていますね。そこがまた気になって仕方がないのがおもしろいところでもあります。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。

業績

株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手、世界規模では5位の広告代理店である。2020年1月1日に純粋持株会社体制へ移行。また本稿では、持株会社である株式会社電通グループについても記述する。 ウィキペディア
時価総額
9,229 億円

業績