新着Pick
83Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日銀の追加緩和は既に市場に織り込まれていますので、もし追加緩和がなければサプライズで株価は下落、あったら、材料出尽くしでやはり株価は下落ということなのでしょうが、それまでは「緩和期待」だけで株価維持はできるかもしれませんね。大規模緩和がマネーストックを増やすわけではないことは既に実証されつつあり、本質的な経済再生が金融政策だけで出来るというのは妄想に過ぎず、市場の上下双方への変動幅を広げる効果だけがあるということでしょう。が、真壁先生らしく、そんな本音は書かない、穏やかなまとめ記事です。
日銀は今回追加緩和を見送ったほうが良いと思います。見送れば当然株は失望売りされるでしょう。先週末の反発は明らかに追加緩和期待を織り込んでのものなので。ただ、金融緩和のみで実体経済に波及させる経路は、結局民需が自発的に喚起されるのを待つしかないので、少なくとも即効性がなさすぎますね。即効性があるのは金融市場に対してのみ。ですから、財政とセットでないと厳しいわけですが、今回はタイミングが悪いでしょう。それよりは今回見送って市場をアク抜けさせてしまったほうがましと言えるのではないでしょうか。
バズーカは待ちでお願いします。
日銀の追加緩和+消費税増税見送り くらいないとインパクトがない。
いまは細かい施策に終わるぐらいなら、購入額買いましとかはすべきでないというマーケット関係者は意外に多い。緩和なかったとしても意外に下げは小さかったり?!
「気がかりなのは、日銀が市場に驚きを与え、投資家心理を掻き立てるかのようにして、強制的に金利低下、株高、円安の流れを生み出す可能性」

そのようなことは大抵一時的。今の金融政策のやり方で本当に実態経済に良い影響が出るどうかを気にかけるべきです。