新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FinTechを正確につかもうとすると骨がおれますが、金融機関のデータとそれ以外の情報系のデータの接点を作り、サービスを具現化させるのがフィンテックであり、その姿はまだ変化する余地を持っている、まだ鵺の様に見えてしまうのが、実際ではないでしようか。ブロックチェーンもそうした基盤作りに欠かせない技術ですし、家計簿アプリは、情報系のアプリのひとつだと思います。
グレーゾーンで上手く踊るマネーフォワード。消費者とのタッチポイントを押さえれば後でお金はついてくる、というベンチャーの基本戦略。しかし、金融商品の仲介業登録とか銀行代理業登録、投資助言業登録が必要なグレーゾーンに(将来)関わるところは現在無登録でビジネスをしている。

これは当局の解釈、判断次第だから、ある日突然、業務停止処分になるリスクがある。アブラハムもアメリカのレンディングクラブも登録の解釈論で無登録認定で業務停止になった経験がある(両社共に新規登録をとって業務再開) うちも大手3社からリーガルオピニオンを取っていたが解釈権は規制当局にあるため弁護士は気休めに過ぎない。

マネーフォワードはその失敗を研究ずみ。だからいまのグレーゾーンはシロになる安倍政権のうちに規制事実化したエコシステム構築を狙い時間勝負。

そのためにマネーフォワードは増資をしまくり、大手金融と提携しまくり、業界団体を作りロビーするとか、良い打ち手を沢山打っている。さすがに大人のマネックス松本さんがバックにいるだけに、世渡りが上手い。

ベンチャーは新しいことをするので、グレーゾーンビジネスになるのは当然。金融庁から業務停止処分(無登録営業) さえ出なければ、成功はほぼ約束されている。マネーフォワードが金融庁から業務停止処分になるなんて、世論が許さん!くらいまで、もう来つつある(私もMFユーザー) 結局は広く国民に役に立つビジネスだと規制当局に理解してもらうことに尽きる。

<参考>
日経ビジネスが金商法違反になる日
''磯崎事務所'
http://www.tez.com/blog/archives/001331.html
マネーフォワードは、多彩な機能によるスペックの高さよりシンプルさが顧客拡大につながりました。だいたい銀行というのは「優れた商品を開発すれば売れる」というプロダクトアウト的な発想で商品開発しますが、シンプルで取っつきやすい方が顧客受けしたりします。マーケットインの発想への転換が望まれます。
「フィンテックプレーヤーはテック領域が多く、金融領域のプレーヤーが少ない」との問題意識が最重要。本丸は「決済、融資、預金」であり、そのためには、規制改革も含めた金融機関側の変革が必要という認識はその通りなんでしょう。
その意味では、家計簿の延長で預金などを取り込めるようになっていくと確かに面白いですね。中国の「余額宝」が、一時期高い金利と、ワンボタン/手数料なしという仕組みで、一気に投資残高を積みましたような動きになると、大きなインパクトになりますね(中国ではなので規制的に無理ですが)
自分の資産や収入・支出状況があるうえでローン提示などをしたら、カカクコムより強いと思う。金融機関からすると営業費用を削減できるし。Fintechなのかは正直分からないし、個人的には使っていない(昔から自分でExcelで家計簿やら資産管理やらやっているので、それに慣れすぎている)が、多くの人のスイートスポットに結構ハマるのではないかと思う。
「お金の見える化」で得たデータを本格的に活用したサービスに期待。

MFクラウドの会計データで融資審査することもできるし、市場動向もいち早く把握できる。家計簿アプリの家計データで、性格や習慣に基づいた融資審査や投資助言もできる。さらには宣伝や販促の効果検証もできるかもしれない。
「お金の見える化」を通じて資産形成全般にコミットしていくということですね。資産形成というと①お金を稼ぐ、②節約、③投資となるわけですが、マネーフォワードの取り組みやすさから②節約→③投資→①お金を稼ぐという手順になるのも納得です。あとはどうしてもお金に関して人を介しての相談が必要な場合のマッチングサービスも取り入れるとより良いかと思います。
銀行の置かれている状況について理解できました。大手銀行も、住信SBIネット銀行のようなネット銀行を作らないのでしょうか?
過去のシステムやしがらみに囚われててしまう大手銀行はスピードで負け易い環境なのですから、フィンテックに注力できる業態を作っておくのはメリットがある気がします。
見えないものが見えるようになることは新鮮ですが、持続性を考えると、ユーザー・ベネフィットの創出が大切ですね。ヘルスケアもそうですが、見える化は第一歩でありつつ、見えること自体がユーザーの精神的な負荷になることもあり、負荷になるものは徐々に避けられる傾向にあります。サービスをの有無によって、ユーザーが得られるメリットがどのくらい大きく、且つ、持続的であるか、が大事ですね。
便利だよねー
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。