新着Pick
359Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
使ってみたいね。
人気 Picker
社外勤務を便利にするツールは大歓迎です。
自宅にいながら仕事ができる時代がすでに来ている。
あとは、企業の風土が変わることができるかでしょうね。
先を走っているリクルートには、是非がんばってほしい。
タイムリー過ぎる。現在、研究室のコミュニケーションをこちらに移行中。上手く行くかは分からないが、挑戦しなければイノベーションは無い。理系/利用経験者がいるので、いい感じに使えそうな予感はしている。
私自身はなかなか使い慣れないです。コマンド?を打つ必要があるときだけ使ってます。エンジニアたちはオフィスで見かけるよりSlackの中では饒舌w
うちの編集部ではなかなか浸透しない。。もう一度チャレンジしよう。
クロスプラットフォーム利用ができることもありますが、それ以上にチャットインターフェイスの気軽さから来るメッセージングの頻度の向上からリモートとはいえコミュニケーション量が増え、コミュニケーション負荷が下がることで生産性が上がります。チャットインターフェイスでは「お疲れ様です」などの枕詞は不要ですからね。
Slack、会社でもプライベートワークでも双方で愛用してますが、本当に最高です。使っていて不便さやダサさを感じる業務アプリが世の中の99%を占める中、Slackにはその一切がなく、気持ちよく、カッコいい。
日本人としてはChatworkを応援したい気持ちはヤマヤマですが、Slackには残念ながら足元にも及んでないと感じてます。(もちろんChatworkも使ってました)
ぜひ「プアなイノベーションよりも優れたイミテーション」の原理に則って、まずはSlackを徹底的にパクって頂いて、そこから独自性を発揮して頂きたいです。
【追記】
Slackを試してみたい!という方向けにNewsPicksユーザー専用のSlackアカウントを作ってみました。
https://pickersteam.slack.com/
参加するには、僕が手動でアカウントを追加する必要があるので、興味がある方はs.nishimura609@gmail.com までメールください。
題名:slack追加依頼
本文:なし
でOKです。
ivoteもSlack愛用しています。
G1 COLLEGEの学生チームも!
ミーティングがいらなくなるくらい、コミュニケーションコストがなくなります。

本記事ではあまり具体的な悪影響が出ていないので、使用している中でのいくつかのデメリットを述べますと…
①無料版だと1万メッセージ(確か)を超えるとログが消されていってしまう点
②送ったメッセージはいつでも再編集可能なので、当時の発言が書き換えられる恐れがあり、もし責任逃れなどを恐れるのであればスプレッドシートなどと連携して都度更新状況をログに残しておかなくちゃいけない
③複数チームを横断してアカウント持っている場合、PCではチームの行き来は楽ですが、スマホ・タブレットでのチームの行き来がけっこうめんどくさい点
などが挙げられます。
スマホアプリはインストールしてみた
Slackは次世代のビジネスコミュニケーションのプラットホームになるので、単なるチャットツールとして捉えるのはもったいなさすぎる!
Slackかchatworksを店舗も含めた全社コミュニケーションのために導入することを検討中。個人的にはslackが良いのだが、英語版しかないのがネック…