新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点では、人才の採用競争ではまだGoogleに分があります。シリコンバレーではいい勝負になりつつありますが、グローバルの採用ではGoogleがまだ圧倒しています。なので企業は人材と考えれば、Googleって事になりそうですが・・・・・
正直言って、Googleは無敵です。しかしそのアキレス腱に楔を刺したのはFBです。特に検索範囲が全てではなくなったことが大きい。インフラであるChromeもAndroidもあるので、まだまだ盤石ですが、やはりアキレス腱に刺さった楔は抜けそうにありません。
なので私は少なくともGoogleはTwitterは買うしかないと思います。万一あれをFBが抑えてしまうと、もはややばいことになります。
今後は資金力とその盤石の体制でガンガン買収するしかないとは、思いますが、それをやればやるほどシリコンバレーでは嫌われてエンジニアの離脱が始まるでしょうね。
しかし、今のところはインフラ系はGoogleのほうが圧倒的ですから、FBは徐々にGoogleの力を弱めてもとどめはさせません。
1980年代のIBMとマイクロソフトの関係に近いですね。
あの時はIBMがマイクロソフトを軽く見てたのでIBMは完全に負けましたが、GoogleはFBを甘くは見てないので、あのような結末にはなりません。
おそらく、激しくやり合いながら徐々にこの2社+Amazonが独占していき、最終的には全く異なる第三勢力がこれらを全部駆逐するのでしょう。
その第三勢力はどこかは全くわかりませんが、多分中国から出てくると思います。
みなさんの考える見どころや結果予測もコメントで共有お願いします。いろんな見方があると思います。AIを入れるか迷いました。

スポーツ観戦するかのように、ビジネスを観戦し、スポーツをプレーするかのように、ビジネスをプレーする。そんなことを考えています。
とても面白いです。こちらに加えて個人的に注目しているのが「職場コミュニケーションツール」。

個人間のコミュニケーションはもはやメールからチャットアプリに代わりましたが、これが職場にも浸透していくの必然の流れと思います。

メッセンジャーとWhatsappを持っているFacebookがFB for Workを強化して職場に入ってくるのか、Gmailを持っているGoogleがG-chatへの乗り換え促進に成功するのか。完全なシフトには時間がかかりますが、その勝負は今年つくと思います。

コミュニケーションツールをおさえると、膨大な情報を取得することができる上、もしかすると様々なエンタープライズアプリケーションの入り口になることもできるかもしれません。

FacebookはtoBは弱いですが、toCがネクストビリオンを除き飽和状態なので、今後はtoBに成長余地を見出すことになると思っています。

Slackがとんでもない金額で買収されるかもしれません。
どちらも広告が売上のほとんどを占める。ただし、広告主の構成はだいぶ違う。
どちらもダイレクトに売上につながる広告費が主力だけど、GoogleはEC、金融、予約、など。Facebookはゲーム中心としたモバイル専業のアプリ。
興味深いのは、どちらもテレビなど巨大ブランドのデジタルシフトを狙っているところ。VRでぶつかるのは必然なのかも。
参考Pick(コメント多め)がいいですね。 コメントが新たなコンテンツの価値を生む。いつかNewspicksのコメントを検索できないことがgoogle、Facebookのモバイル検索の戦いの中心になったら面白いですね。
確かにこの3領域ではグーグル・フェイスブックの戦いが激しくなっている。時価総額ではグーグルの約60兆円に対して、フェイスブックは約30兆円と倍の差がついていますが、その差が縮まっていくのか。人工知能やロボットなど長期視野の技術開発に積極的なグーグルがさらに差を広げると見ていますが果たして。
Googleが「脱広告モデル」をどこまで進めるか。ここに注目しています。記事の「見どころ3モバイル検索の戦い」がありますが、米国では昨年、ディスプレイ広告が検索広告を超えたようです。加えて、モバイル広告がPC広告を超えました。この意味は「広告モデルはそろそろ成熟期に入り、勝者はFacebook」ということです。市場はインド等の新興国で拡大する余地はありますが、今後はコモディティ化(価格下落)との戦いになるでしょう。

脱広告において、現時点でGoogleの柱になっているのはネストですが、ここは競合が異なります。Dashを進化させているアマゾンや、ネストライクな事業を構想しているサムスン、何とかここではOTTに一矢報いたいテレコムなどが居ます。
Apple対Microsoft、Netscape対Microsoft、Google対Yahoo!、Google対Apple、などときて、Google対Facebookという構図が見どころということなのだと思うのですが、研究者としては、目先の争いよりも、次に出てくるのが何かが、いつもきになるところです。
もうひとつの戦いは、戦いの成否を分けるような人材の獲得と維持です。戦いの中身は、両社の人材同士の戦いだから。どんな業界でも成否を分けるものに最も多くの価値があり、そのポイントで競うので優位性を持つのが最も困難になります。どちらがより優秀な人材を獲得維持できるか。そこがポイントですね。
この手の技術の開発力と展開力は瞬発性よりエイジングされた組織に部があり。Facebook は金もあるし、MAで要素技術をたくさん買うことはできるが、既存サービスへのインストールのノウハウがグーグルに比べ圧倒的に弱い。