新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「こち亀」は雑誌Spa!の取材で私のお勧め本に挙げました。
先般、NPのニュースになっていた道路から電気自動車に電流を流すというのは、「こち亀」で既に取り上げられています。

両さんの工夫する力と実行力は・・・本当に参考になります。
ユーグレナはドラゴンボールの仙豆が発想の原点なのですね。なるほど、たしかに言われてみれば。はじめの一歩での鴨川会長の言葉「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は、皆すべからく努力しておる!!」というのは強く印象に残っています。この言葉から鷹村vsホークの死闘までというのは数ある名シーンの中でも私にとってはベストです。
「こんな大失敗に比べたら俺の失敗なんて失敗じゃない!」「こんな状態なのにここまでのことができたのか。。」など、やはり現実世界のリアルと比較して自分をさらに追い込む、というケースが読書からは多い。
出雲らしいセレクション。悪くないね
意外な切り口!!って、漫画やアニメってのは、実は過去の日本の文化や価値観の積み上げを現代社会向けに表現したものだとおもう。意外と漫画やアニメって示唆が多い。村上隆さんの作品が、むしょーに見に行きたくなった
ジャンルが幅広い!学ぶこと、知ることを純粋に楽しんでるんだな、と感じます。学ぶことを楽しむことが教養力や発想力につながる。

将棋が戦術、囲碁は戦略を学ぶのに適している・・・あまり理解できなかったけど、自分も思考力鍛えるためにやってみようかな。。
流石、なかなかのセレクションです。
本の紹介の間の話が面白い。オーケストラのところなど。こういう面白い話が出来る人は何故出来るか興味がある。
この記事とTakechiさんのコメントで、ロケットボーイズの映画を見たくなりました。
《書評》マンガのセレクションはオーソドックスですね。古典が中心。仙豆でインスパイアされてるところに特徴を感じました。感受性豊かな人は様々なものを糧に出来る。
この連載について
現在、第一線で活躍する若手経営者たち。彼らはこれまでの人生でどのような書籍を読み、それをどう仕事に生かしてきたのか。本連載では、個性豊かな10人の経営者が登場。古典から最新ビジネス書、文学から理工書まで、幅広いジャンルの「座右の書」を紹介するとともに、その本にまつわるエピソードや、私流の「本の読み方」を披露する。
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア