新着Pick
349Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
広告の振り分けってそんなに複雑な学習が必要なのかな。
人気 Picker
なんでも手を出すのがサイバーエージェント
各社、次世代のプラットフォームと捉えている「AI」。サイバーエージェントはアドテクでの活用を進めるとのことですね。
タッグを組むのは東京大学ですか。各方面にてAIの方向性が異なって、それぞれが最適化して発展すると、次の産業の成長に寄与するかもしれない、期待ですね。
佐藤先生は、つい半年前に同じ専攻に入って来られた若手の先生です。先日一緒に飲んだばかりなのですが、こんな連携を始めるんですね。これは今度いろいろ聞いてみよう。
その昔、森喜郎元総理はITをイットと言った。今、AIをアイって言っている人絶対いそうだ。
研究者としては、データにアクセスできるのが助かる。たぶんやらないと思うけど、幼児教育と人工知能は相性がいいと思う。
みんなAIラボ創るな。出来たものをオープンに使わせてもらえると嬉しいのだが。
何でもやってみなはれ。
Digital活用が遅れる日本で、1社でも多く積極投資が進むのは大歓迎。
贅沢を言えば、エキスパートは世界のトップofトップを招いてほしい。その意味で、世界権威を招いたリクルート(Recruit Institute of Technology)の行方に多いに関心を寄せている

http://www.recruit.jp/news_data/release/2015/0415_15754.html
日本を拠点にするAI研究所。人材獲得面が心配です。本気のAI研究所なら、博士号レベルの若手研究者がごろごろ必要になるはずです。今後他社も研究に力を入れてくるでしょうし。この期待に応えるだけ人材を、今の日本の大学は供給できるのでしょうか?
東大には他にもAIテクノロジーに関する有識者が居そうです。
研究ばかりしていないで、いち早く世の中を豊かにすることに貢献する、具体的な事例がそろそろ欲しいですね。
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
5,196 億円

業績