新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正直、現在のネット広報の遅れについてかなり危機感を持っています。

世耕参議院議員が牽引していただいた野党時代の財産を無駄にしないようにしたいと思います。

18歳選挙への積極対応ということで党内の雰囲気の高まりを契機に遅れを取り戻し、よりよいコミュニケーションがとれる体制にしていきたいと考えています。

それが健全な民主主義の環境を整えることにつながり、長期的に見て我が国にとってよい方向だと考えています。

※励ましのコメントありがとうございます。

仲間の議員にもNPお勧めしています。
政治家の先生方がNPを真剣に始めればいいのではないでしょうか?
ニュースに対して意見を持つということは、その先生の考え方が有権者に伝わっていきますし、NPはインタラクティブ性があるので、政策にも還元していけるのではないでしょうか?
私はまだ自民党のネット広報が進んでいる実感が持てていません。そんな中で唯一印象に残っているのが、2014年の衆議員解散時に小学生のフリをしてサイトを立ち上げた大学生の行為に対する安倍首相のFacebookの記事です。

行為そのものは非難されるものでしたが、これに対して首相が「最も卑劣な行為」としてFacebookに書き込むことに驚きと、一国の首相が個人を非難する手法として大きな違和感を持ちました。(その後、記事は削除)

ツイッターやFacebookは武器にもなりますが、同時に表現次第でリスクもあります。特に若者に発信するならば、この辺りのコントロールも大切だと思います。

追記:
NPは政治と個人の相互コミュニケーションとして非常に優れたプラットフォームだと感じます。是非多くの議員に活用していただきたいです。

追記2:
西田さん、ありがとうございます。確かに相対的に見る視点は重要ですね。みなさんのコメントからも他党と比較した場合の進み具合は感じます。
10年前そういう事を自民党と組んでやろうとしてたなあ。。
"「健全な民主主義の環境」というのは、一次情報のソースにいつでも触れることができて、各自が判断できる環境である"
これは当然ではありますが、実際になかなかできていないところのようにも思います。とくに政治に関心の薄い層にも目を向けてもらう必要もありますし。
昨日、Pickし損ねていました。小林議員との対談企画、第2弾。自民党がネット広報につけている職員の数や、他党をどう見ているか等々の情報をお話いただいています。またその位置づけ等に言及しました。また政党の情報発信における情報公開というポジティブな点と、動員が表裏一体となる可能性については、昨日の #primenewsの18歳選挙権特集で投げ込んでみた論点とも重なります。無償ですので、ぜひ、ご一読を。

※追記
安田さんのご指摘ですが、相対的に、という視点が重要と思います。政治の場合、一般のマーケットと異なり、かなり参加する主体数が少ないため、他党と比較して、という点が、おそらく一般のマーケット以上に重要な意味を持ちます。
ソーシャルメディアのマーケティングで指標として使われるエンゲージメント率、NPSなんかは、政治の分野にも応用できそうです。
各種サービスがモバイル(スマホ)ファーストを最優先にしてきています。政治もそろそろ追随しないといけないタイミングかと。というか潜在的な有権者を取り込むためには必要なんだと思うので、野党こそチャレンジするべきですね。
政治家って特に若者から距離が遠い。

地元の挨拶回りなんて中年以上のところにしか基本行かないし。

だから投票率低くなるんだよなあ。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。