新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

335Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビットコインという社会実験は、ブロックチェーン技術の1つの使い方であって、それ自体は様々な課題を抱えています。

例えば、
・マイニングパワーは中国勢を中心とした少数のマイナーが寡占しており生殺与奪権を与えてしまっている
・ブロックサイズに制限があり、その上限値に急速に近づいているため、取引記録の処理が大幅に遅れることが発生している(最大で3-7取引/秒)
・取引確定が約10分ごとなので、リアルタイム処理できない
・上記の課題はコードをアップデートすることで解決可能なのだが、Bitcoinコミュニティ内の派閥争いにより進まない

P2P分散型の理想論が裏目に出てしまっている状況で、今はビットコインの正念場です。

一方、ブロックチェーンの仕組み自体は素晴らしく、仮にビットコインが失敗したとしても、さらによく練られた応用例が出てくるのは必然と思います。個人的には銀行内と銀行間のプライベートチェーンに期待しています。
「誰が入っているかわからないP2Pネットワークで、いかに信頼できる記録をつくっていくか」。こうした難問に答えたのが、ブロックチェーンのプルーフ・オブ・ワーク(POW)の仕組み。野口先生が平易に解説しています。

本取材に当たっては、『仮想通貨革命』『「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる』の2冊を参考にしたのですが、こちらもブロックチェーンの概要と社会的インパクトがわかる好著です。
野口さん流石です
仮想通貨が普及→メールでお金が安全に送れる
スマートコントラクトが普及→リアルタイムの所有移転だけでなく、複雑なプログラムをブロックチェーンに埋め込める(例 家賃を期日までに納めなかったら家の電子カギが自動ロック、など)

ブロックチェーン(なあし分散元帳)については野口悠紀雄先生の「仮想通貨革命」に包括的に書いてます
公開データで追跡可能なブロックチェーンの仕組みは軽減税率のインフラ、さらには電子投票などにももってこいの技術。行政コストの削減と透明性、公平性を担保するという観点から注目しています。
野口先生凄いな。ブロックチェーンにも精通しているのか。
EduTech、HealthTechなどほかの6Techがインターネットが既存産業に利用が広がっていくことで市場が変化しているのに比べて、Fintech、特にブロックチェーンは根本的に変わるかもしれない。ほかの6Techと並べることに違和感あるし、だからこそバブルの匂いがプンプンする。
ブロックチェーンのPOWは、通貨、証券取引、IoT(スマートコントラクト)に応用可能。

確かに、クラウドサービスよりも、圧倒的にコスト安になるというのは面白い。サービスとしてどう提供するのかまでは、まだ分からないが。

ナスダックが未公開株取引に応用することで、証券会社を不要にしているのと同様に、中央銀行がブロックチェーン通貨を推奨したら、銀行の決済システムが不要になるということ。BOJCOINのスタート。

http://jp.techcrunch.com/2015/07/08/20150707citibank-is-working-on-its-own-digital-currency-citicoin/
昨日の連載記事の皆さまのコメントと本日の記事を通して、ブロックチェーンの仕組みと可能性を深く理解することができました!

新興国での取引から先進国に戻ってくるリバースイノベーションの可能性、
P2P取引導入されていく可能性、
未公開株の取引といった新規に不特定多数の人々を集める可能性などなど、
世界が変わっていく未来を妄想しています。

ユーザビリティで考えても、金融機関や取引ごとに決済方法が異なるのは本当に面倒。この技術が浸透し始めた時、一気にユーザーがブロックチェーンに決済に流れていきそうです。メルカリやヤフオクみたいなところから、ユーザーに浸透していき、UXを重視した金融機関が追従していくイメージでしょうか?楽しみですね。
"信頼に基づいて構築されたシステムでなくても、悪意ある行動をすると損になる。こうした「trustless(信頼の欠如)」に基づいたシステムを構築するための手段をPOWといいます"
ここがブロックチェーン技術の肝であって画期的なところかと思います。ただ、金融が世界共通で規制産業である以上、ビットコインがいかに仮想通貨と称されても、既存の通貨システムの代替手段となっていくのかどうかはわかりません。要するにいまだ実用化としては試用段階であって模索している最中に他ならないということだと思います。
「日本でも現時点では、銀行口座の円とビットコインを交換することも、銀行を通じてビットコインの両替所に円を送金することもできません。つまり、ビットコインで取り引きしようとしても、限られた交換所でしか円と交換することができない。」
「この仕組みが実現しても、銀行側のコストが下がるだけで、消費者の払う送金手数料には反映されず、銀行の利益が増えるだけかもしれません」
→ 結局、いまのところはアンダーグラウンド決済手段に着地か。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。